« 野菜の学校(6) 会津「あざきだいこん」 | トップページ | 野菜の学校(8) かぶの食べくらべ »

2013年11月10日 (日)

野菜の学校(7) そのほか会津野菜あれこれ

1_4

11月の[野菜の学校]のテーマは会津伝統野菜。「会津地ねぎ」や「とこいろ青豆」(乾燥)など伝統野菜に認定されている野菜のほか、「会津にんじん」や「金山赤かぼちゃ」など、個性的な地方野菜もやってきました。

▽会津地ねぎ
1
 
いただいた資料(会津若松市史研究第7号)には「曲がっているが甘味がある」と書いてありますが、やってきたのは曲がりねぎではなくまっすぐなねぎでした。
 
▽とこいろ青豆(打ち豆)
1_2

3

江戸時代から栽培されており『会津農書』にも記されているという、系図正しき枝豆。資料には「会津地方の冠婚膳に浸し豆や豆数の子として欠かせない。冬のたんぱく源となる打ち豆にする。みそ汁や煮ものに欠かせない」とあります。「会津小菊かぼちゃ」のみそ煮に入れていただきました。
 
▽会津にんじん
1_3
 
講師として来てくださった白井さんのお話では「朝鮮人参」と呼ぶのは問題があるので、「会津にんじん」という名称になっているのだそうです。ふつうのにんじんはセリ科ですが、これはウコギ科です。てんぷらにしたのですが、なかなか苦かった。
 
▽奥会津金山赤かぼちゃ
4
 
姿は加賀野菜の「打木赤皮甘栗かぼちゃ」に似ています。味もホクホク系の西洋種系。金山町が特産品にするために力を入れていて、生産組合を作り、商標登録も取得。シールに食べ頃が書いてある、野菜としては新しい試みです。カレー風味の炒めものを試食しました。
 
 

|

« 野菜の学校(6) 会津「あざきだいこん」 | トップページ | 野菜の学校(8) かぶの食べくらべ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

野菜の学校」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/58607846

この記事へのトラックバック一覧です: 野菜の学校(7) そのほか会津野菜あれこれ:

« 野菜の学校(6) 会津「あざきだいこん」 | トップページ | 野菜の学校(8) かぶの食べくらべ »