« 御所柿がいっぱい | トップページ | 野菜の学校(1) 群馬伝統野菜 »

2013年12月 5日 (木)

宴の野菜度 銀座YAMAGATA San-Dan-Delo

1

  • 奥田政行シェフとアロマクリエーター理恵と楽しむSexy&Romanticなアロママジック
  • 会費10000円+追加ワイン
  • ヤマガタサンタンデロ
  • 野菜度=★★★☆☆
◇ヤマガタサンダンデロで、奥田シェフのお食事会があると聞いて出かけました。奥田さんとアロマクリエーターのSexy&Romaticなアロママジックとは???
◇まず、アロマクリエーター理恵さんのプレゼンテーション「セクシー&ロマンティックなスパイス」。味覚決定因子の80%が嗅覚なのだそうです。ひとつひとつの解説とおいしさに関与する要素というお話が面白かった。
  • ディル
    セリ科のさわやかな香りで、英語のDill=なだめる、和らげるという意味。中世ヨーロッパでは魔術師や魔女のまじないの材料で、媚薬として用いられた。アニス、フェンネルなども同様の効果あり。
     
  • シナモン
    エキゾティックで暖かみのある香りが、気持ちと心を温め、催淫作用をもたらす。幸運を高め、身を守るものとして重用された。
     
  • キャラウェイシード
    さわやかな香りとほのかな甘味がある。人やものを引き留めておく力がある。恋人の心を引き留め、愛情を永続させるロマンティックな魔力があるので、惚れ薬に欠かせない。
     
  • クミンシード
    中世のヨーロッパでは、クミンは恋人の心変わりを防ぐものと信じられ、恋人が結婚式を挙げるとき、ポケットに忍ばせてのぞむ風習があった。
     
  • ジンジャー
    刺激的でスパイシーな香りがさまざまな国での媚薬食品とされている。おいしくて体が温まるから、とか。催淫作用、高揚作用が得られる。ブラック別派ーやカルダモンとブレンド。
     
  • クローブ
    花言葉は「高貴、神聖」で、オイゲノールを多く含有する。古代より浄化力を持つと信じられていた。アロマでは、媚薬効果あり。
     
  • フェネグリーク
    古代エジプト時代の媚薬。香りがセロリに似ている。マメ科の植物の多くには女性ホルモン様作用があることが知られていて、母乳の分泌促進などに使用されていた。血糖値低下、糖尿病予防、体脂肪を減らす。
◇お料理は、奥田さん流にセクシー&ロマンティックなスパイスを効かせて。
▼燻製したイワナとヒラメのテリーヌ 焦がしたぶどうの皮
1_2
「テリーヌ+ぶどうの皮」を食べてワインを飲むとワインの味がランクアップする、と奥田さん。この「焦がしたぶどうの皮」がセクシー&ロマンティックらしい。うーむ、よくわからなかった。
 
▼フルーツトマトと和なしのカプレーゼ ジンジャーソース
1_3
ソースにジンジャーが入っています。
 
▼たまねぎの90℃ソテーとおろしたてのチーズ
1_4
たまねぎは2時間焦がさないようにソテーしたもの。スープのない「ヘルシーなオニオングラタン」だそうです。オニオンがシャキッとしていて、すごく甘い。使われているスパイスはキャラウェイ。
 
▼ハタハタの湯上げと平田の赤ねぎ
1_5
ハタハタと平田赤ねぎの色がきれい。スパイスはクミン。
 
▼牡蠣とクレソン、セロリの「つや姫」リゾット
1_6
これは牡蠣がセクシー&ロマンティックなのだそうです。
 
▼庄内彩鶏とわんぱく卵の黄色いサラダ
1_7
「わんぱく卵」ってどこかでみたことがある。「フクモリ」かな。スパイスはフェンネルシード。
 
▼いのししのロースト ダークチョコレートとシナモン
1_8
 
▼イタリア4種チーズのフズィッリ
1_9
いろいろなスパイスが入っているそうですが、クミンが主張していました。
 
▼フルーツたくさんのマチュドニア
1_10
やっぱり、ここはクローブでしょう。
 
▼アーモンドとピーナッツの焼き菓子
1_11
 
◇この場合あまり意味ないかも、だけど、野菜度は★★★
 

|

« 御所柿がいっぱい | トップページ | 野菜の学校(1) 群馬伝統野菜 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

レストラン」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/58701115

この記事へのトラックバック一覧です: 宴の野菜度 銀座YAMAGATA San-Dan-Delo:

« 御所柿がいっぱい | トップページ | 野菜の学校(1) 群馬伝統野菜 »