« 野菜の学校(9) ザボン | トップページ | 野菜の学校(11) 赤かぶの食べくらべ »

2014年2月14日 (金)

野菜の学校(10) 長崎蘭柑(らんかん)

1

[野菜の学校]、2月「長崎の伝統野菜」の講座にはくだものもやってきました。「長崎蘭柑」もそのひとつ。品種は中晩柑「天草」で、東長崎地区のみかん農家が袋掛けなどしてブランド化したものだそうです。糖度は12~13度。

3

▼以下は「天草(あまくさ)」について
  • 「天草(あまくさ)」は長崎県南島原市口之津町にある果樹研究所カンキツ研究口之津拠点で生まれた中晩柑
  • 交配組み合わせ:「T-378(清見×興津早生)」×「ページ」 ※「ページ」は「ミネオラ」と「クレメンタイン(クレメンティン)」
  • 品種登録年:1995年(平成7年)
  • 天草の名前は、育成地である長崎県南島原市口之津町から見える天草島にちなんでいる
  • 適熟期:12月下旬~1月上旬
  • 果皮は薄く赤みのある橙色。果重は200g前後。
  • オレンジのような香りを持ち、果肉は多汁でやわらかく、甘みが強くて酸味は少なめ、苦みはない
  • かんきつの分類:タンゴール
▼こちらは天草。ただし愛媛産です。

1_2

 
 

|

« 野菜の学校(9) ザボン | トップページ | 野菜の学校(11) 赤かぶの食べくらべ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

果物(柑橘)」カテゴリの記事

野菜の学校」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/59156702

この記事へのトラックバック一覧です: 野菜の学校(10) 長崎蘭柑(らんかん):

« 野菜の学校(9) ザボン | トップページ | 野菜の学校(11) 赤かぶの食べくらべ »