« 野菜の学校(11) 赤かぶの食べくらべ | トップページ | ベジマルシェ通信 Vol.38 »

2014年2月16日 (日)

野菜の学校(12) 食べて知る「長崎伝統野菜」

「食べて知る」は[野菜の学校]の基本理念!なので、試食は大切な勉強課目です。今回も長崎野菜を使った料理が並びました。

1_7

▲左上は「辻田白菜のミルク煮」、右上は「ちゃんぽん」、下の区切りの中は左から「雲仙こぶ高菜のサラダ」、赤い物体は「長崎紅大根の和風ピクルス」、細長いのは「木引かぶの直火焼き」、その右下は「雲仙こぶ高菜の漬けもののおにぎり」、かんきつは上から「長崎蘭柑」「ザボン」「ゆうこう」。右の器に入っているのは「ひかど」。

▼ヒカド
1_8
ヒカドはポルトガル語で「細かく刻む」という意味とか。魚や野菜を切って煮込んだ具だくさんのおつゆ。さつまいもをすってとろみをつけます。かぶや紅大根を入れたので、ビーツのスープみたいな色になってます。
 
▼ちゃんぽん
1_9

▽長崎白菜(唐人菜)
5

長崎白菜(唐人菜)はこのために生まれたと聞いて、やっぱり作ることにしました。華やかなかまぼこの代わりに鳴門巻きで。
 
▼辻田白菜のミルク煮
1_10
 
▽辻田白菜
3_2
牛乳で煮て、片栗粉でとろみを付けたミルク煮。
 
▼雲仙こぶ高菜のサラダ ゆうこうドレッシング
1_11

▽雲仙こぶ高菜
2_3

「無農薬で作っているのでぜひ生で」という生産者の方のリクエストにこたえて、サラダにしました。
 
▼長崎紅大根の和風ピクルス
2_2

▽長崎紅大根
2_4

紅大根の色に染まった、ピクルス。プラスしたのはにんじんときゅうり。味つけは昆布だし、薄口しょうゆ、砂糖、酢。しょうがが効いてます。
 
▼木引きかぶの直火焼き
8

▽木引かぶ
2_5

かぶを直火で焼いて塩をふっただけ。これが甘くておいしい。

▼雲仙こぶ高菜の漬けもののおむすび
7

▽雲仙こぶ高菜の漬けもの
6

雲仙こぶ高菜の浅漬けを刻んで入れたごはんを握って、古漬けを広げて包みました。
  
▼ゆうこうのパウンドケーキ
3_3
 
▽ゆうこう
1_13

パウンドケーキは受講生塩田勝良さんの差し入れ
 

|

« 野菜の学校(11) 赤かぶの食べくらべ | トップページ | ベジマルシェ通信 Vol.38 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

野菜の学校」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/59208253

この記事へのトラックバック一覧です: 野菜の学校(12) 食べて知る「長崎伝統野菜」:

« 野菜の学校(11) 赤かぶの食べくらべ | トップページ | ベジマルシェ通信 Vol.38 »