« 野菜の学校(3) 長崎紅大根 | トップページ | 野菜の学校(5) 長崎白菜(唐人菜) »

2014年2月 8日 (土)

野菜の学校(4) 木引(こひ)きかぶ

1

牛の角のように曲がっている、ピンクのかぶ。「木引かぶ」の由来は、お殿様が持ち帰ってきたという説、オランダ人がもってきたという説、福岡からやってきたという説など諸説あります。
平戸市の伝統野菜です。ほとんど栽培されなくなっていたのですが、青年農業者連絡協議会が「木引かぶ」振興プロジェクトに取り組んでいます。

2

6

▼以下は資料から
  • 「平戸木引の特産にして、形状普通の蕪青と異なり、円錐形をなし、根部の上部赤色なり。肉質粗、柔軟にして、根部肥大せざる前塩漬けとするか生食に適する」という記録がある。
  • 「平戸のお殿様が旅の途中このかぶの料理を召しあがり、あまりに美味しかったので持ち帰ってきた」という伝説がある。
  • 『平戸郷土史』によると、1914年に採種組合が組織されたという。
  • オランダ商館でオランダ人が栽培していたという説もある。
  • 熊澤三郎著『蔬菜園芸各論』では、「長崎赤かぶ」は「木引かぶ」を移したものとされ、青葉髙著『野菜』(法政大学出版局)によると、円錐形で牛の角のように曲がりやすく、その他の形質は「長崎赤かぶ」に似た洋種の品種。福岡県糸島郡志摩町芥屋(けや)で栽培される「芥屋かぶ」も似ている、という。
  • 正月の菊花かぶとして親しまれてきた
  • 生食や漬けものに向く。やわらかくてクセがなく、酢で和えると美しい紅色に染まる。若い間引き菜は浅漬けやごま和え、白あえに。
▼青葉高先生の本に出てくる福岡の「芥屋(けや)かぶ」
1_2
 
▼木引かぶの直火焼きを試食
8

 

|

« 野菜の学校(3) 長崎紅大根 | トップページ | 野菜の学校(5) 長崎白菜(唐人菜) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

野菜の学校」カテゴリの記事

野菜(根菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

投稿: 株の初心者 | 2014年2月23日 (日) 11時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/59087976

この記事へのトラックバック一覧です: 野菜の学校(4) 木引(こひ)きかぶ:

« 野菜の学校(3) 長崎紅大根 | トップページ | 野菜の学校(5) 長崎白菜(唐人菜) »