« 野菜の学校(2) 小白井(おじろい)きゅうり | トップページ | 野菜の学校(4)根室きゅうり »

2014年7月 9日 (水)

野菜の学校(3) 昔きゅうり

1_7

「昔きゅうり」は、いわき市の北西部に位置する、三和町上三坂地区でつくられています。明治時代から代々自家採種で栽培してきたものですが、来歴は不明。

2_3

3

4

▼以下は配付資料から
  • 三和町上三坂地区で栽培。昭和20年代後半に華南系品種の「落合節成」に属する「石城節成」が栽培されていたといわれ、現在、この地方では「昔きゅうり」とよんでいる。
  • 7月中旬から8月中旬が収穫期。果形は太く、長さ12㎝ほどで一般のきゅうりの太さ、20㎝になると7㎝ほどの太さになる。接ぎ木をしない栽培が特徴。
  • 果皮がやわらかく、上部は濃い緑色、下部は淡い緑色。ブルーム(白い粉)が果実をおおい、長く、鋭い棘がある。
  • 若い果実は歯切れがよく、酢のもの、漬けものなどの生食、塩水で漬け込む伝統食「どぶ漬け」などに。成熟した太い果実は肉厚で肉質もしっかりしているため、いためもの、みそ汁など加熱して食べる。
 
▼6月末におじゃましたときの写真
 
▽三和町、吾妻さんの「昔きゅうり」の畑はこの先にある
1_8
 
▽美しい山間でさまざまな作物がつくられている
2_4

4_2

7

▽「昔きゅうり」の栽培は露地、トンネル型支柱の「立ちづくり」
6_2

1_10

▽「昔きゅうり」は小さい実をつけていた
2_5
 
5_3
 
▼こちらはリエゾンオフィス実証圃場の「昔きゅうり」
1_11
 

|

« 野菜の学校(2) 小白井(おじろい)きゅうり | トップページ | 野菜の学校(4)根室きゅうり »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

野菜の学校」カテゴリの記事

野菜(果菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/59951057

この記事へのトラックバック一覧です: 野菜の学校(3) 昔きゅうり:

» ニューバランス 996 [ニューバランス 996 However.]
Goods to educate yourself regarding go It is always just throughout the some tim ニューバランス 996 e at the going to be the battle had sum of cash him a [続きを読む]

受信: 2014年7月10日 (木) 20時43分

« 野菜の学校(2) 小白井(おじろい)きゅうり | トップページ | 野菜の学校(4)根室きゅうり »