« 野菜の学校(7)じゅうねん | トップページ | 野菜の学校(9)豆あれこれ »

2014年7月15日 (火)

野菜の学校(8)おくいも

1

「おくいも」はじゃがいもです。晩生(おくて)のいもだから、「おくいも」なのだそうです。いわき市の南方、福島と茨城の県境にある山玉町でつくられています。「開墾地で祖父が実らせた」いもだそうですが、[野菜の学校]の教室には、いわきリエゾンオフィス実証圃場の「おくいも」が届きました。

 

2

じゃがいもは、二度日本にやってきました。
一度目は江戸時代。オランダ人が長崎にもたらしたもので、ジャワからやってきた「ジャガタライモ」⇒「じゃがいも」という呼び名はそのときに始まります。
二度目は明治時代。新政府は、欧米からたくさんの種苗を導入しました。
江戸、明治のどちらが定着したにせよ、全国各地で「救荒作物」としてつくられましたから、たくさんの地方名があります。『日本植物方言集』という書物には、わずかの違いをふくめ262種類もの名前が載っているそうです。
 
いわきの「おくいも」は江戸時代に入ったものの流れか、明治以降のものが伝わっているのか、わかりません。手がかからず、病気に強く、収穫後に芽が出るのが遅いので、重宝され、長く食べられ続けてきたといいます。かなり大ぶりで、でんぷん質が多く、煮くずれしにくい特徴があります。
 
▼いわきリエゾンオフィス実証圃場で

1_2

4

▼おくいものみぞれ和え

3

わさびだいこんのすりおろしも味わっていただきたく、素揚げの「おくいも」にかけるドレッシングに入れました。
  • おくいも 600g
  • わさびだいこん
  • 酢 1/2カップ
  • 砂糖 大さじ1・1/2
  • しょうゆ 大さじ1
  • 削りがつお
  • 揚げ油"
  1. おくいもは皮をむいて2cm角に切り、素揚げ
  2. わさびだいこんはおろして、辛さをみながら、土佐酢に加える
  3. 挙げたおくいもに2をかける"

|

« 野菜の学校(7)じゅうねん | トップページ | 野菜の学校(9)豆あれこれ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

レシピ」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

野菜の学校」カテゴリの記事

野菜(根菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/59991073

この記事へのトラックバック一覧です: 野菜の学校(8)おくいも:

« 野菜の学校(7)じゅうねん | トップページ | 野菜の学校(9)豆あれこれ »