« ランチの野菜度 静岡市「たがた」 | トップページ | Friuts+Vege Salad 1408 »

2014年7月27日 (日)

井川の在来作物

1_1_4

静岡の「折戸なす」見学に行った日のランチ、おそば屋さん「たがた」のカウンターに、ゴロンと野菜が並んでいました。井川の在来作物だそうです。▲写真は在来のじゃがいも「井川おらんど」

「これをつくった人」と紹介された望月正人さんは、「あんばざぁ倶楽部 結の仲間焼畑部」の総括代表でいらっしゃいます。「あんばざぁというのは、「いっしょに遊ぼ」という意味」とお隣に座った望月仁美さん。
 
お話をうかがっているうちに、あんばざぁ倶楽部は「いっしょに遊ぼ」という気持ちで在来作物を作り、その味を楽しむ集まりらしい、ということがわかってきました。「焼畑部」は焼畑で土地を整えて、在来そばを作っている部署(?)です。
 
▼井川なす
1_1_5
 
これも相当大きいのですが、もっと大きくして、焼いて食べるといいます。新潟の「焼きなす」に似ているのかな。
 
▽皮をむいて生のまま試食
1_1_6
 
▼まだ名前のないきゅうり 2タイプ
1_2

2_2

果皮が黄色いのと、グリーンがかっているのと、2タイプ。「黄うり」が「きゅうり」になったということ、よくわかります。このほかに2タイプあり、みんな「きゅうり」とのみ呼ばれており、「○○きゅうり」という名前はないのだそうです。
 
かつてどの野菜も、たとえば、なすは「なす」、だいこんは「だいこん」、きゅうりは「きゅうり」という呼称しか持っていませんでした。「賀茂なす」「練馬だいこん」「加賀太きゅうり」というような名前がつけられたのは、地域外のきゅうりと区別する必要が出たからです。名前のないきゅうりは、閉ざされていた時代から現れた遺産のように思えます。
 
みそ汁の具にすると聞いたので、やってみました。ちょっと甘くて、かすかに、化粧水のような香りがしました。
 
▽みそをつけて、試食
1_1_7
 
▼井川おらんど
1_12_2
 
江戸時代初期にオランダから日本にじゃがいもが伝わりました。で、「おらんど」はオランダのこと、その当時からつくられ続けているのではないか、といいます。▲写真はいただいた「おらんど」。洗ってみたら3色がはっきり。
 
▼大蒜(おおびる)
1_1_8
 
大蒜はにんにくのことです。
 
 

|

« ランチの野菜度 静岡市「たがた」 | トップページ | Friuts+Vege Salad 1408 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

野菜の学校」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/60054043

この記事へのトラックバック一覧です: 井川の在来作物:

« ランチの野菜度 静岡市「たがた」 | トップページ | Friuts+Vege Salad 1408 »