« 野菜の学校(1) 静岡在来野菜と各地のなす | トップページ | 野菜の学校(3) 折戸なす(続き) »

2014年8月 4日 (月)

野菜の学校(2) 折戸(おりど)なす

1

折戸なすは徳川家康ゆかりの地、静岡市の折戸地区でつくられている丸なすです。2005年に始まった復活プロジェクトが成功し、いま、生産農家は8件に増えました。東京の大田市場で取り扱っている数少ない伝統野菜の一つ。「折戸なす」は、家康が好んだといわれ、来年の「家康公薨去400年祭」にむけた動きが盛り上がるなか、注目度が上がっています。

 

3_2

▼折戸なすを復活させた、遠藤亘さん
2_2
 
2005年に国のジーンバンクに保管されていた折戸なすの種200粒から、遠藤さんと研究所が同数のタネで栽培を始めたそうです。発芽率が同じだったので、その次の年からは、すべて遠藤さんが担当。少しずつ栽培農家を増やしていったと聞きました。
 
▼「折戸なす」はハウス栽培
1_2

3_3

このあたりは、温暖で日照時間が長く作物の生長が早いことから、促成栽培の発祥の地とされており、促成栽培のなすが、毎年江戸の将軍家へ献上されていたという記録も残っているとか。ハウス栽培はその伝統に連なるもの、といえそうです。
 
▼タネをとるためのなす
5
 
「折戸なす」のタネは自家採種。採種用のなすは大きく育てます。重いので、白いテープで吊ってありました。
 
▼折戸なすのサラダ風
1_3
 
「折戸なす」は、食べくらべの中心となる野菜。「蒸し」と「焼き」を用意しますから、試食は生で。白糸とうがらしのしょうゆ漬けをアクセントにしたサラダ風です。薄くスライスすると、生のままでいただけます。
 
 
 

|

« 野菜の学校(1) 静岡在来野菜と各地のなす | トップページ | 野菜の学校(3) 折戸なす(続き) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

野菜の学校」カテゴリの記事

野菜(果菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/60118479

この記事へのトラックバック一覧です: 野菜の学校(2) 折戸(おりど)なす:

« 野菜の学校(1) 静岡在来野菜と各地のなす | トップページ | 野菜の学校(3) 折戸なす(続き) »