« 野菜の学校(11) タネなしすだち、すだち茶など | トップページ | Friuts+Vege Salad 1410 »

2014年9月22日 (月)

野菜の学校(12) 食べくらべ

9月のテーマは徳島。当初、食べくらべは「美馬太きゅうり」をメインにする予定でした。ところが、8月はじめ、四国に次々に上陸した台風は徳島を直撃。きゅうりは全滅と聞いて、救荒作物のじゃがいもに登場してもらいました。
品種は、徳島の「ごうしゅいも」を中心に、徳島の「北川小判いも」、山梨の「落合いも」、東京の「おいねのつるいも」、調理は、和風煮とオーブン焼きです。

▼オーブン焼き
1
△左から「落合いも」「おいねのつるいも」「北川小判いも」「ごうしゅいも」

▼和風煮
1_2
△上段左から「ごうしゅいも・赤」「ごうしゅいも・白」「おいねのつるいも」 下段左から「北川小判いも」「落合いも」

 

▼ごうしゅいも
3
徳島県三好市東祖谷で作られるじゃがいも。村史には、「万延元年(1860年)之頃始メテ」とある。紅白があるので「源平いも」とも。
 
▼北川小判いも
2
徳島県那賀町で作られ、これまでは地場消費のみで外に出たことがなかった。果皮は赤、果肉は白。
 
▼おいねのつるいも
1_3
東京都檜原村に伝わる在来のじゃがいも。おいねさんという女性が、神奈川県から嫁いできたときに持参したという。
 
▼落合いも
1_4
山梨県丹波山村に伝わるじゃがいも。塩山市落合から入手、落合は北海道から導入したという。
 
いずれも小ぶりで緻密な肉質、「男爵」とも「メークイン」とも違う食感と味わいでした。甘みは少なく、食べた後にのどに残るえぐみにつらなる味の濃さがあります。はっきりとした違いを指摘する意見もありましたが、少なくとも私にはそれほど大きな差は感じられませんでした。なかなかむずかしい食べくらべでした。
 
 

|

« 野菜の学校(11) タネなしすだち、すだち茶など | トップページ | Friuts+Vege Salad 1410 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

野菜の学校」カテゴリの記事

野菜(根菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

食べくらべ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/60411943

この記事へのトラックバック一覧です: 野菜の学校(12) 食べくらべ:

« 野菜の学校(11) タネなしすだち、すだち茶など | トップページ | Friuts+Vege Salad 1410 »