« 野菜の学校(9) 津久井在来大豆 | トップページ | どんぶり1杯、朝のサラダ »

2015年1月21日 (水)

野菜の学校(10) 食べくらべ

1

1月の[野菜の学校]のテーマは神奈川。主役の「三浦だいこん」と東京の「大蔵だいこん」、最もポピュラーな「青首だいこん」を比べました。△写真は左から「三浦だいこん」「大蔵だいこん」「青首だいこん」。上段は「生」、下段は「和風煮」。

 
調理方法は、生と和風煮。三浦だいこんは、生はもちろんですが、煮ると出し汁をたっぷり吸い、ジューシーながら食感はしっかりしていて、さすがすぐれものです。青首もよかった。ふだん食べ慣れているというだけでなく、だいこんとして進化している感じがしました。 
 
▽三浦だいこん
7
 
▽青首だいこん
2
 
食べくらべの試料として何を選ぶか、それをいかに揃えるか。今回はあらためてそのむずしさを感じました。
 
当初、「三浦だいこん」と比べる相手に想定していたのは、「方領(ほうりょう)だいこん」と「青首」。
「方領」は、日本のだいこんのルーツとされる品種です。「青首」のもとになった「宮重」も、三浦だいこんのもととされる「練馬」も、「方領」から出ているといいますから、食べくらべにはぜひご登場願いたい。でも、入手できるだろうか。
 
ネット情報を集めてみました。「方領」とは愛知県あま市甚目寺町というところにある地名です。この地が原産なので、あま市のウェブサイトなどに充実した情報が掲載されていました。これなら、もしかすると…と期待は高まったのですが、あちこちへ電話してわかったことは、昨年までは栽培と普及に農協が関与していた、ということ。現在は、個人的に栽培している人はいるだろうが、把握できていない、従って紹介できない、という、非常に残念な結果でした。
 
「方領」って、とても大事なだいこんです(と思うのは私たちだけかしら?)。タネは種苗会社から販売されていますから、なくなったわけではありませんけれど、原産地での採種と栽培は、やはりむずかしいのでしょうか。
 
▽これが方領だいこん-[野菜の学校2007]時に撮影
1_2
 
やむを得ず、講師の北浦健生先生にもご相談し、江戸東京野菜の一つ「大蔵だいこん」が可能ならそれでもよい、ということになりました。そこで、なんとしてでも、と調達したのですが、やってきたのは、最盛期を過ぎ、かわいそうな状態の「大蔵」でした。
 
▽今回の「大蔵だいこん」
1_3
 
▽2006年12月に撮った「大蔵だいこん」
1_4
 
食べくらべをする際は、よい状態どうしでないと、つくってくれる人にも、野菜にも失礼です。しかし、伝統野菜がよい状態の期間はそう長くないことが多く、今回はほんとうに申しわけないことをしたと思っています。
 
 

|

« 野菜の学校(9) 津久井在来大豆 | トップページ | どんぶり1杯、朝のサラダ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

野菜の学校」カテゴリの記事

野菜(根菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

食べくらべ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/61157050

この記事へのトラックバック一覧です: 野菜の学校(10) 食べくらべ:

« 野菜の学校(9) 津久井在来大豆 | トップページ | どんぶり1杯、朝のサラダ »