« 野菜の学校(6) 開成弥一芋 | トップページ | 野菜の学校(8) 城ヶ島の「正月菜」 »

2015年1月18日 (日)

野菜の学校(7) ねぎ「湘南一本」

3

「湘南一本」は、講師の北浦健生さんが所属する神奈川県農業技術センターで育種されたねぎです。もともと神奈川の主力品種だった「湘南」という、やわらかくておいしいねぎが葉折れしやすいところから、改良したもの。
おいしいけれど葉折れしやすい、というのは、ねぎ共通の悩みなんですね、きっと。広島に行ったとき、「観音ねぎ」について、その話が出たことを思い出しました。
 
▼以下はお話と資料から
  • 「湘南一本」は、以下を目標として開発された。
    • 「湘南」のおいしさはそのまま
    • 分げつしにくい
    • 葉折れが少ない
    • よくのびる
  • 「湘南」は、1954年から育種を開始。埼玉県深谷市産の合柄系根深ねぎから選抜したものと、神奈川県随在来の合柄系根深ねぎから選抜したものを、混植して交雑。その後代について選抜を重ね、60年に「湘南」と命名。62年に本格的栽培開始。平塚、藤沢を中心とした地域で夏きゅうりの後作として栽培され、80年代前半まで県の主力品種だった。
  • 「湘南」は、やわらかくておいしいと評価されてきたが、機械化とともに、葉折れが多いなどの理由から、葉がかたくて作りやすい品種に移行する生産者が増加。「湘南」の改良が待たれていた。
  • 改良には、交配によらない「集団選抜育種」が行われた。これは、「湘南」が持っている多様な性質の中から、目的にあった個体だけを選んで、新しい特性を持ったグループに作り変えていく手法。近交弱勢を避けるため、できるだけ多くの株を残して選抜を繰り返した。
  • 1万株以上を選抜し、2004年に育種完了。「湘南一本」と命名された。
※株が分かれることを「分けつ」という、と思っていたら、文部科学省学術用語(植物学)によると「分げつ」が正しい。「げつ」を漢字で書くとむずかしい、常用漢字にはない字なのでひらがなで書きます。本来は間違いの「分けつ」が広く使われるようになったのは、「分げつ」の「げ」が鼻濁音で、はっきり発音しにくいこともあるのかもしれません。
 
 

|

« 野菜の学校(6) 開成弥一芋 | トップページ | 野菜の学校(8) 城ヶ島の「正月菜」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

野菜の学校」カテゴリの記事

野菜(葉菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/61135593

この記事へのトラックバック一覧です: 野菜の学校(7) ねぎ「湘南一本」:

« 野菜の学校(6) 開成弥一芋 | トップページ | 野菜の学校(8) 城ヶ島の「正月菜」 »