« 野菜の学校(5) 野口菜 | トップページ | 野菜の学校(7) いちご »

2015年2月14日 (土)

野菜の学校(6) 曲がりねぎや美人ねぎ

1_5

「栃木の伝統野菜」でググると出てくる「宮ねぎ」。ぜひ入手したい、と講師の大谷晴美さんにお願いし、紹介されたJAの方にうかがうと、すでに終了しているとのこと。あきらめかけていたのですが、つてをたどり、思いがけず入手することができました。△写真左は「新里ねぎ」、右は「宮ねぎ」

 
▼宮ねぎ
2
  • 栃木市西部の宮町を中心に栽培されている在来種。「ダルマねぎ」とも呼ばれる下仁田系のねぎ。
  • 江戸時代、栃木の商人が江戸の地頭役所に「宮ねぎ」を持参したところ、味や香りがよいと喜ばれて、毎年歳暮用として送る風習が続いたといわれ、江戸時代から人気があったことを物語る
▼新里(にっさと)ねぎ
1_6
  • 宇都宮市新里地域で、江戸時代から続く方法で栽培されているねぎ。品種はさまざまで、一部は在来種。
  • 江戸時代、新里地域の近くにあった「徳次郎宿」という宿場町で、日光東照宮参詣の武士たちが食べたという
  • 生でも辛みが少なく、柔らかいのが特徴
  • この地域は硬い凝灰岩土壌で、必死に根をはり、栄養分を吸い取ろうとしてうまみのあるねぎになる
  • 寄せ替え(引き抜いて植え替える)時に外皮は枯れ、新芽を出そうとする。寄せ替えは2回行われており、この新陳代謝が甘みと柔らかさをもたらす
  • 新里ねぎの栽培は重労働のため、生産者が年々減少し、現在残っているのは数軒。入手がむずかしい幻のねぎといわれる
▼幸岡(こおか)ねぎ
1_3
  • 日光種苗さんから提供されたねぎ。現在産地化をはかっているという在来種。
  • ネットには、栃木県北部に位置する矢板市の産物として、「幸岡ねぎ(高級食材として東京の料亭などに出荷される)」と出ている
▼白美人(はくびじん)ねぎ
1_4
  • 大田原市を中心に県北地方で生産される「軟白長ねぎ」で、独自に開発した板にはさんで、白い部分を長くやわらかく育てるのが特徴
  • 辛みのほとんどない甘いねぎとして人気の高級ねぎ
 
 

|

« 野菜の学校(5) 野口菜 | トップページ | 野菜の学校(7) いちご »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

野菜の学校」カテゴリの記事

野菜(葉菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/61228093

この記事へのトラックバック一覧です: 野菜の学校(6) 曲がりねぎや美人ねぎ:

« 野菜の学校(5) 野口菜 | トップページ | 野菜の学校(7) いちご »