« よこはま青果塾(2) 沖縄の土 | トップページ | よこはま青果塾(4) いちごの食べくらべ »

2015年3月16日 (月)

よこはま青果塾(3) 沖縄野菜などの試食

4

上方のにんじんから右へ
  • にんじんは「しりしり器」で細切りにし、炒めて塩こしょう
  • へちまをゆでて、ポン酢をかけて
  • ゴーヤー「汐風」と「研交6号」。どちらがどちらか、不明
  • からし菜の漬けもの
  • 白菜の漬けもの
  • はるみは浜松産。樹上完熟したもの
  • ブラッドオレンジ
  • 真ん中の物体はメモがありませんでした。
    ※…と書いたら、藤岡輝好よこはま青果塾委員長がコメント(画面下方)を寄せてくれました。真ん中にあるのは熊本産たけのこの煮もので、料理は金子さんという八百屋さん。からし菜と白菜の漬けものも金子さんのお作です。
▼とうがんスープ
1
 
鶏肉ととうがん、よく合います
 
▼しょうがのジュース
1_2
 
ウェルカムドリンクだった
 
▼カフェテリア方式
1_3
 
並んでいるお料理を、それぞれが皿に取って席で試食。[八百屋塾]や[野菜の学校]とは違うやり方です。
 
▼へちまのこと
2
 
「へちま」は首都圏市場にどの程度受け入れられるかという問いに、トロトロの食感は女性好みだけれど、独特のクセがあるのでなかなかむずかしいのではないか、という意見が出ました。
クセってクセになるといいんですが、受け入れられる人とそうでない人がはっきり分かれます。私は、このクセはまだクセにならないなあ。
今回はゆでてポン酢でいただきましたが、へちまにはみそを使うことが多いと思います。
 
▼食べくらべ

3

薄く切って水にさらし、おかかとしょうゆでいただきました。どちらもあまり苦みはないのですが、「研交6号」のほうがやや強い感じがしました。右の品種、「研文」と書いてありますが、たぶん「研交」です。
 
▼沖縄のにんじんのこと
2_2
 
沖縄は一人あたりのにんじん消費が日本一。それは「にんじんしりしり」があるからではないか、と聞きました。下記は、このブログで前に書いた、関連記事2つ。
 

|

« よこはま青果塾(2) 沖縄の土 | トップページ | よこはま青果塾(4) いちごの食べくらべ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

青果イベント」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

食べくらべ」カテゴリの記事

コメント

真ん中のものは 熊本産たけのこの煮物です。これも 八百屋の金子さんに作ってもらいました。

投稿: よこはま青果塾委員長 | 2015年3月28日 (土) 12時22分

藤岡さま
ありがとうございます!
本文に追加しました。

投稿: クサマヒサコ | 2015年3月28日 (土) 12時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/61344365

この記事へのトラックバック一覧です: よこはま青果塾(3) 沖縄野菜などの試食:

« よこはま青果塾(2) 沖縄の土 | トップページ | よこはま青果塾(4) いちごの食べくらべ »