« 宴の野菜度 神田明神下「みやび」 | トップページ | 家めしこそ、最高のごちそうである。 »

2015年3月21日 (土)

能登の青菜

41

能登のスギヨファームから届いた青菜4種類。上から時計回りに、「中島菜(上)」「能登菜花(下の右)」「キャベツの新芽(下の左)」「能登春菊(上の左)」です。果菜里屋の高橋さんが、野菜の学校の打合せに持ってきてくれました。この時期は、青い葉っぱがたくさんあってしあわせです。

 
▼中島菜
1
 
野菜の学校で能登の伝統野菜・地方野菜を勉強したときも、スギヨファームからやってきた中島菜。オリーブオイルと塩でシンプルな炒めものにしたら、うまみがあって、味が濃い。ほんのり苦く甘みのあるジューシーな茎の部分、元気な葉っぱも加熱するとやさしい食感に変わり、とてもおいしかった。
▽[野菜の学校]中島菜の記事は、この文字列をクリック
 
▼能登春菊
1_2
 
能登の春菊なら西の大葉タイプかしらと思ったら、関東のような中葉ですが、すごくやわらかい。葉も茎も、生でいただけそうです。でも、やっぱりゆでて、おひたしにしました。
 
▼能登菜花
1_3
 
2月の野菜の学校にやってきた三重なばなとくらべると、葉っぱは三重のほうがしっかりしていて、能登の茎は色が濃いものもありしっかりしているように見えます。その茎がおいしい。ゆでてサラダに入れていただきました。
▽能登菜花
3

▽三重なばな
1_5

▼キャベツの新芽
2
 
キャベツを収穫した後に出てくる新芽、プチヴェールと同じ状態のものだそうです。ベーコンといっしょにパスタに入れて食べました。ふつうのキャベツよりも味が濃い。甘みもえぐみもちゃんと感じられます。イソチオシアネートのにおいも。ややワイルドな味が、わるくありません。
 
スギヨファームは、カニカマ(JAS法の品質表示基準によれば「風味かまぼこ」または「風味かまぼこ(かに風味)」)の原型を考案した水産加工会社「スギヨ」が経営する農業法人。能登の里山里海は世界農業遺産に認定されています。その里山の自然環境を保全しながら、体にやさしい野菜をつくり、加工や販売も自ら行っている、と会社案内に書いてありました。
 
 

|

« 宴の野菜度 神田明神下「みやび」 | トップページ | 家めしこそ、最高のごちそうである。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

野菜(葉菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/61387096

この記事へのトラックバック一覧です: 能登の青菜:

« 宴の野菜度 神田明神下「みやび」 | トップページ | 家めしこそ、最高のごちそうである。 »