« 人を健康にする施肥 | トップページ | 八百屋塾4月 トマト-2 ミディトマト »

2015年4月16日 (木)

八百屋塾4月 トマト-1 大玉トマト

1_6

八百屋塾4月のプログラムは、開講式、北千住のカリスマ八百屋・杉本晃章さんの名物講演「八百屋はなぜ勉強が必要か」、それにトマト。今年度は1年を通してトマト(大玉)の食べくらべをします。その第1回めなので、大玉、フルーツ、ミディ、ミニなど、いろいろ揃いました。たくさんあって、写真を撮るのがたいへんだった。

まずは大玉トマト
▼光樹
2_3

1_4

佐賀県川副のブランドトマト。品種はサンロードです。ちょうどいい時期のはずですが、今回はいつもよりちょっと力がなかったような…。
 
▼桃太郎
2_4

2_5

愛知JAひまわりのトマトです。タキイのホームページによると、桃太郎の仲間はいま25種類。これはヨークかエイトの可能性が高い。
 
▼パワーファースト
2_6

3

4

愛知のファーストトマトです。とんがった頭(?)がつぶれやすいし、桃太郎におされてずいぶん減ったといいます。
講師の東京青果大杉幹夫さんによると「3~4段以上になるととんがりが出てきて、これがおいしくなった印。ゼリーと果肉のあいだにすき間があり、さらさらした食感が特長」だそうです。「春向きの味」に根強い支持があるのでしょう。作り続けている人、エラいと思います。
 

|

« 人を健康にする施肥 | トップページ | 八百屋塾4月 トマト-2 ミディトマト »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

八百屋塾」カテゴリの記事

野菜(果菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/61527870

この記事へのトラックバック一覧です: 八百屋塾4月 トマト-1 大玉トマト:

« 人を健康にする施肥 | トップページ | 八百屋塾4月 トマト-2 ミディトマト »