« 八百屋塾4月 トマト-4 赤いミニトマト | トップページ | 八百屋塾4月 トマト-6 その他のトマト »

2015年4月20日 (月)

八百屋塾4月 トマト-5 フルーツトマト

5_5
フルーツトマトとは高糖度トマトのこと。8度以上といいますが、糖度をはかっている計測器が出す数値は、正確には可溶性固形物濃度。糖だけではなく溶けている固形物の濃さです。だから、「味が濃い」トマトという方が正しいかもしれません。でも、みんな甘いの好きだからね。それを糖度と表現したのがミソなのでしょう。▲写真はアメーラルビンズ

▼アメーラ
4_8

2_7

「アメーラ」は静岡弁の「甘~ら」をもじったのはご存じの通り。靜岡県JA大井川アメーラ会。水分調整して糖度を上げている。すべて養液栽培。
 
▽アメーラルビンズ
3_5

2_8

長野県産。「ルビンズ」はルビー+ビーンズで「真っ赤な豆」ということ。だから、ミニトマトより小さい。出荷基準糖度10度以上という。
 
▼匠
3_6

2_9

愛知県JAひまわり産。生産者は現在6名。「匠」は、すぐれた品質のトマトにつけて出荷するブランド名で、大玉トマトの「匠」もある。
 
▼スーパーフルーツトマト
3_7

2_10

茨城県NKKアグリドリーム産。ふつうに育てると大きくなる外国の品種を、水分を絞って栽培、ゼリーが少なく果肉がしっかりしているのが特長。

▼ロイヤルセレブ
3_8

1_5

熊本県八代産。ここはもともと海だったところを干拓した地区で、土壌に塩分が含まれています。で、水分が十分に吸い上げられない状態で育つことになる。濃厚な味の塩トマトです。「ロイヤルセレブ」は、糖度10度以上。
 

▼味恋とまと
2_11

1_7

栃木県那須高原にある高松農園の高糖度トマト。土を使わない水気耕栽培で、水質がいい那須塩原の地下水を使っている。また、那須塩原市は日射量が多く、気温は上がらないが日射量があるので、春先まで時間をかけて、甘みと酸味をあわせもつトマトが作れるという。
 
 

|

« 八百屋塾4月 トマト-4 赤いミニトマト | トップページ | 八百屋塾4月 トマト-6 その他のトマト »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

八百屋塾」カテゴリの記事

野菜(果菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/61533224

この記事へのトラックバック一覧です: 八百屋塾4月 トマト-5 フルーツトマト:

« 八百屋塾4月 トマト-4 赤いミニトマト | トップページ | 八百屋塾4月 トマト-6 その他のトマト »