« 野菜の学校(6) 富山のねぎたん | トップページ | 野菜の学校(8) 富山の野菜をあれこれ試食 »

2015年7月13日 (月)

野菜の学校(7) きゅうりの食べくらべ

5

4

[野菜の学校]7月のテーマは富山。恒例の食べくらべはきゅうりで、「高岡どっこ」をメインに、加賀野菜の「加賀太」と、福島県二本松から届いたブルームレス品種を生と塩もみで比べました。きゅうりは、どこを食べるかで味が違います。で、生は3つに分けました。▲写真上は生、下は塩もみ。それぞれ右から「高岡どっこ」「加賀太」「ブルームレス」

▼高岡どっこ
1_7

富山の伝統野菜。在来の「どっこ」を、台湾の「青大」と交配したもの。
 
▼加賀太
1_6
 
加賀野菜のひとつ。1930年代に金沢市に導入された、東北の煮食用短太系きゅうりの栽培がはじまりという。
 
▼ブルームレス
1_8
 
「丸八」のマークをつけて福島県二本松から届いた、ポピュラーなきゅうり。
 
◇「高岡どっこ」のルーツ「どっこ」は、加賀藩政時代に「加賀太」のルーツが導入されたものと考えられている、といいますから、「高岡どっこ」と「加賀太」が似ているのは当然です。この二つとブルームレスは姿からして違います。いちばん違う点は「食感」といっていい。ちょっとうりを思わせるなめらかさ、やわらかさに対して、ブルームレスにはきっぱりした感じがあります。
◇似ている二つにももちろん違いはあって、ちょっと土臭い「高岡どっこ」、洗練された「加賀太」。
◇三者とも魅力的で、それぞれ、調理法を変えて食べたいと思いました。「高岡どっこ」は、香りのある野菜といっしょにだしをきかせた和風ピクルス、「加賀太」は塩麹の浅漬け、ブルームレスはもちろんサラダ。
 

|

« 野菜の学校(6) 富山のねぎたん | トップページ | 野菜の学校(8) 富山の野菜をあれこれ試食 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

野菜の学校」カテゴリの記事

野菜(果菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

食べくらべ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/62017894

この記事へのトラックバック一覧です: 野菜の学校(7) きゅうりの食べくらべ:

« 野菜の学校(6) 富山のねぎたん | トップページ | 野菜の学校(8) 富山の野菜をあれこれ試食 »