« 野菜の学校(7) きゅうりの食べくらべ | トップページ | 落合節成胡瓜 »

2015年7月14日 (火)

野菜の学校(8) 富山の野菜をあれこれ試食

2_7

[野菜の学校]の一番人気は、プログラム最後の試食です。今回もあれこれ、いろいろ楽しみました。
 
▼高岡どっこの白えび入りあんかけ ※写真なし
 
富山の高岡どっこ農家で、「高岡どっこ」とじゃがいもをいっしょに煮ると聞いて、それ意外で面白そう、とやってみました。
  1. 高岡どっことじゃがいもは皮をむき(高岡どっこはタネをとって)、一口大にカットしてゆでる。
  2. 鍋に、出しと調味料(酒、みりん、薄口しょうゆ、塩)を入れて煮立て、1の高岡どっことじゃがいもを加えて煮る。
  3. 白えびを加えて味をみる。水とき片栗粉を加え、おろししょうがを添える。
▼千石豆のえごまみそあえ
1_10
 
ゆでた千石豆を炒めてみそ、砂糖、酒で味つけ。えごまを摺ってあえました。
 
▽千石豆
1_21
 
▼ねぎたんの春巻き風
1_11
 
レンジでやわらかくチンしたねぎを、春巻きの皮で巻き、フライパンにオリーブオイルで焼きました。
 
▼呉汁 ※写真なし
 
大豆を水に浸し、すりつぶしたものが「呉」、「呉」を入れたみそ汁が「呉汁」。日本の各地に郷土料理として伝わっています。富山の直売所で呉汁を作るための粉を発見し、これなら簡単、とゲット。汁の実は、「高岡どっこ」、赤茎ずいき、「ねぎたん」など。米粉で作ったおだんごも入れました。だしは、富山風に昆布と煮干し。この呉汁、とても好評でした。やさしく豊かで、あたたかい日だまりのような味。ほんとうにおいしかった。
 
▼鱒ずし風
12

ハムで、富山名物「鱒ずし」風の押しずしをつくり、しょうゆに浸したえごまの葉で巻いたもの。何がたいへんって、押しずしを食べやすくカットする作業と、しょうゆでクタクタになってくっついた葉っぱを、一枚ずつていねいにはがして巻くところ。お疲れさまでした。
 
▽鱒ずし風でしょう?
1_23

 
▼芳香かぼちゃの素揚げ
1_12
 
▽芳香かぼちゃ
1_24
 
▼赤いもがらの酢のもの
1_27
 
▽赤いもがら
1_25
 
▼富山の桃太郎
1_16

▽桃太郎トマト
2_9

 
▼銀泉まくわ
1_20
 
▼番外-1 うりのしおもみ2種
▽白うり(千葉)
1_26

▽はぐらうり(千葉)
1_19

 
▼番外-2 ぷちぷよ(宮城)
1_28
 
市場情報を提供してくれる講師、東京青果の野原さんが、宮城の渡邊採種場で入手したもの。
 
 

|

« 野菜の学校(7) きゅうりの食べくらべ | トップページ | 落合節成胡瓜 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

野菜の学校」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/62018451

この記事へのトラックバック一覧です: 野菜の学校(8) 富山の野菜をあれこれ試食:

« 野菜の学校(7) きゅうりの食べくらべ | トップページ | 落合節成胡瓜 »