« 八百屋塾 まだまだ、なす①スタンダード | トップページ | 八百屋塾 まだまだ、なす③グローバルな個性派 »

2015年7月20日 (月)

八百屋塾 まだまだ、なす②地方の逸品

1_4

7月の八百屋塾のテーマはなす。国内に約180種類、世界には1000種類もあるといいます。各地で作られている素晴らしいなすのなかから、ほんの一部がやってきました。▲写真は寺島なす

▼丸なす(靜岡)

1_5

2_4

靜岡の丸なすで有名なのは、徳川家康が好んだという「折戸なす」。でも、これは特に何も書いてないから、フツーの「丸なす」のようです。
 
▼丸なす(奈良)

1_6

2_5

「やまとの伝統野菜」の一つに、大和郡山市や奈良市で古くから栽培されている「大和丸なす」がありますが、これも何も書いてありませんでした。
 
▼賀茂なす(京都)

1_7

2_6

京都北区上賀茂で古くから作られてきた丸なす。「京の伝統野菜」の一つ。1個ずつ「京の伝統野菜」のシールと生産者名が貼ってあります。
 
▼水なす(大阪)

1_8

2_7

「泉州水なす」として知られる「なにわの伝統野菜」の一つ。江戸時代から栽培されており、新潟の「十全」や「梨なす」のルーツ。
 
▼絹かわなす(愛媛)

1_9

2_8

西条市は、石鎚山の雪解け水が伏流水となってわき出している「水の都」。その「うちぬき水」に育てられた、大きい水なす。
 
▼米なす(高知)

2_9

1_10

アメリカの品種「ブラックビューティ」を改良したものとされる。特徴は、大型で、ヘタが緑色、果皮は濃紫色。
 
▼大長なす(熊本)

1_11

2_10

長さ40cm~60cm。古くから九州を中心に栽培されてきたなすで、皮がややかたい。直火で焼きなすに。
 
▼ひごむらさき(熊本)

1_12

2_11

熊本の伝統野菜「熊本あかなす」を、熊本県農業研究センターが品種改良して育成した新品種。
 
▼寺島なす(東京)

1_13

2_12

「寺島なす」は、かつて墨田区向島の肥沃な土地で作られ、うまいと評判だった。関東大震災後の再開発で一度は失われたが、2009年につくばのジーンバンクのタネから復活。江戸東京野菜の一つ。
 
 

|

« 八百屋塾 まだまだ、なす①スタンダード | トップページ | 八百屋塾 まだまだ、なす③グローバルな個性派 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

八百屋塾」カテゴリの記事

野菜(果菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/62038101

この記事へのトラックバック一覧です: 八百屋塾 まだまだ、なす②地方の逸品:

« 八百屋塾 まだまだ、なす①スタンダード | トップページ | 八百屋塾 まだまだ、なす③グローバルな個性派 »