« 野菜の学校(11) 甘長とうがらしの食べくらべ | トップページ | りんご盛岡68号-第13回フルーツセミナー »

2015年9月19日 (土)

野菜の学校(12) 「お楽しみ」の試食

1_2

[野菜の学校]9月のテーマは鳥取の伝統野菜・地方野菜です。取り寄せた野菜だけでなく、調味料など加工品もできるだけ現地のものを使い、料理はその地域の食べ方と、スタッフのオリジナルレシピ。
 
「食べて知る」をキャッチフレーズにする[野菜の学校]の、重要なファクターです。毎回、思いがけない料理で、講座を充実させています。
 
▼ねばりっこの「いもかけ汁」
1_3
  • ねばりっこ
  • 白ねぎ
  • 味噌 300g
  • 出し約6000cc
  1. ねぎは斜め薄切り
  2. 芋は皮を剥き、酢水につけ水気取り、すり鉢で擂る 塩一つまみ、生姜の絞り汁加える
  3. ねぎのみそ汁を作り、熱いところに2をかける
 
▼日南トマトの「羊飼いのサラダ風」
1_4
チーズに見えるのはとうふちくわ!
  • 日南トマト 3個
  • 伏見甘長 10本
  • とうふちくわ 1本
  • タマネギ 1個
  • 梨酢 大さじ3
  • 塩 小さじ2
  • コショウ 適量
  • オリーブ油 90cc
  1. 材料はさいの目に切る
  2. ボールにドレッシングを作る
▽とうふちくわ
1_15
 
▼新甘泉のサラダ
1_5
  • 新甘泉
  • 伏見甘長とうがらし
  • カシューナッツ
  • 白ワイン酢
  • グレープシードオイル
  1. カシューナッツは軽く焼き細かくくだく
  2. 伏見甘長はせん切り、梨は短冊に切る
  3. ドレッシングを作って和える
▼みそまめ
1_6
  • 大豆の水煮 300g
  • 片栗粉 大さじ6
  • サラダ油
  • 味噌 120g
  • 砂糖 35g
  • 酢 大さじ2
  1. 大豆の水煮に片栗粉をふる
  2. みそ、砂糖、酢を混ぜておく
  3. 多めの油を熱し、フライパンを揺すりながら衣が白くなるまで炒める
  4. 余分な油を拭きとり、1を大豆にからませる

▽在来大豆「三朝神倉」
1_19

 
▼ねばりっこのてんぷら
1_7
ねばりっこチップスをくだいて、衣に入れたてんぷら
  • ねばりっこ
  • ねばりっこチップス
  • 天ぷら粉

▽ねばりっこチップス
1_13

 
▼郷土料理「いただき」風いなり
1_8
  • エリンギ100g
  • 米 4合
  • 油揚げ 25枚
  • ごぼう 100g
  • ニンジン 80g
  • あごだし醤油
  • 水1800cc
  • 酒 60cc
  • 昆布 20cm
  1. 米は洗いい時間ほど水に浸けて、ザルにあげる
  2. ごぼうささがき、エリンギ、ニンジン1.5cmせん切り、油揚げは切れ目を入れて開き、熱湯で油を抜く
  3. 米と野菜を混ぜ合わせ、油揚げにつめて、爪楊枝で止める
  4. 炊飯器の底に昆布を挽き、3を並べ、出しを入れ20分蒸らす

▽ただいま調理中
1_14

 
▼とうふちくわとながいもかまぼこ
1_9

▽ながいもかまぼこ
1_2_3

 
▼らっきょうの甘酢漬け
1_10
 
▼だいせんのじもピー
1_11

1_17

 
 

|

« 野菜の学校(11) 甘長とうがらしの食べくらべ | トップページ | りんご盛岡68号-第13回フルーツセミナー »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/62369480

この記事へのトラックバック一覧です: 野菜の学校(12) 「お楽しみ」の試食:

« 野菜の学校(11) 甘長とうがらしの食べくらべ | トップページ | りんご盛岡68号-第13回フルーツセミナー »