« 【ベジ吉おかめ】から、江戸東京野菜のお惣菜 | トップページ | 野菜の学校(5) ねばりっこ »

2015年9月11日 (金)

野菜の学校(4) 三宝甘長とうがらしの畑で

講座「日本の伝統野菜・地方野菜」9月のテーマは鳥取県、主役は「三宝甘長とうがらし」です。今回も講座の前に、スタッフ有志が鳥取へ。
 
3

1

1_2

消滅の危機から救われた伝統野菜「三宝甘長とうがらし」を作っておられる農家さん、お二人にお目にかかることができました。
 
▼山田千也子さん
1_3
 
▽山田さんの畑

1_8

山田さんはJAで販売している苗を買って、育てている。
 
▼山下さん
1_5
 
▽山下さんの畑
3_2
 
山下さんは自家採種が基本。「保険をかける」意味で、JAのタネも使っている。揃いのよくない畝は自家採種。
 
▼JAの規格
3_3

2

1_6

  • 出荷可能なのは長さ10㎝以上、
  • 14㎝がLサイズ、17㎝が2Lサイズ、曲りは3cm以内
  • 肩の近くに深いヒダが重なっているのが良品
  • 辛い実がつくことはまったくない。果皮が薄く、やわらかく、生で食べられる
▼直売所の表示は
▽「三宝」ではなく「甘長」
1_7
 
▽「甘長こしょう」という表示も
2_2
 
 

|

« 【ベジ吉おかめ】から、江戸東京野菜のお惣菜 | トップページ | 野菜の学校(5) ねばりっこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/62286366

この記事へのトラックバック一覧です: 野菜の学校(4) 三宝甘長とうがらしの畑で:

« 【ベジ吉おかめ】から、江戸東京野菜のお惣菜 | トップページ | 野菜の学校(5) ねばりっこ »