« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月20日 (火)

三浦市のガーデンクレスと横浜のグレープフルーツ

2

1

どちらも、よこはま青果塾委員長の藤岡輝好さんからのいただきものです。地元の食材をよく紹介してくださるのですが、そのたびに感じる、藤岡さんの横浜愛。それにしてもよく見つけますね。
 

続きを読む "三浦市のガーデンクレスと横浜のグレープフルーツ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月19日 (月)

干しなつめ

1_20

[野菜の学校]で山梨をテーマに勉強した日、「山梨産干しなつめ、天日干し」と、よこはま青果塾委員長の藤岡輝好さんからいただきました。

続きを読む "干しなつめ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月18日 (日)

野菜の学校(11) 山梨野菜の試食

1_15

今回、ぜひ「せいだのたまじ」を試食メニューに入れたい、と講師からアドバイスをいただき、伝統のじゃがいも「富士種」で作成。主役の「やはたいも」は郷土料理「ほうとう」に。このほか、グラタンやサラダ、さといもごはんなど、さまざまな食べ方で山梨の野菜を味わいました。▲写真はグラタン制作中。
 

続きを読む "野菜の学校(11) 山梨野菜の試食"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月17日 (土)

野菜の学校(10) 食べくらべ

1_3

10月のテーマは山梨の伝統野菜、主役は「やはたいも」。食べくらべの相手は「石川早生」と「蓮葉」です。蒸して、比べました。
写真は左から右へ「やはたいも」「石川早生」「蓮葉」
 
31_2
 

続きを読む "野菜の学校(10) 食べくらべ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月16日 (金)

野菜の学校(9) 甲州と甲斐路

21

山梨といえばぶどう、と思うのは、「甲州」があるからですね、きっと。10月の[野菜の学校]へやってきたのは、その「甲州」と「甲斐路」です。

続きを読む "野菜の学校(9) 甲州と甲斐路"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野菜の学校(8) 山のじゃがいも3種

32

山梨には「落合いも」という在来のじゃがいもがあり、昨年度、徳島の「ごうしゅいも」との食べくらべに登場しました。今回やってきたのは、その「落合いも」と「富士種」。さらに、山梨のじゃがいもが奥多摩に伝わったという「おいねのつるいも」も加わり、3種類の山のじゃがいもが並びました。

続きを読む "野菜の学校(8) 山のじゃがいも3種"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月15日 (木)

野菜の学校(7) 茂倉(もぐら)うり

1

「茂倉うり」と書いて「もぐらうり」と読みます。「もぐらうり」と聞くと一瞬「ん?土竜うり??」と思ってしまいますが、茂倉というのは、南アルプスのふもとに位置する集落の名前。「茂倉うり」は、早川町茂倉地区に100年以上前から伝わる、在来種のきゅうりです。

続きを読む "野菜の学校(7) 茂倉(もぐら)うり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月14日 (水)

野菜の学校(6) 鳴沢村へ

1

[野菜の学校]10月は山梨の伝統野菜・地方野菜がテーマです。今回も講座前の取材に出かけました。山梨県総合農業技術センターの赤池良久副所長にご案内いただき、江戸時代から採種と栽培が行われてきた、という伝統野菜「鳴沢菜」の鳴沢村へ。

続きを読む "野菜の学校(6) 鳴沢村へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月13日 (火)

野菜の学校(5) 鳴沢菜(続)

3

講座「日本の伝統野菜・地方野菜」10月のテーマは山梨。講師の加藤成二さんは、「伝統ツケナの山梨ブランドを開発する」というプロジェクトにたずさわり、伝統ツケナである「鳴沢菜」を調査したところ、バラツキが大きかったので、本来の「鳴沢菜」の形質に近いものを育成された話を紹介してくださいました。

続きを読む "野菜の学校(5) 鳴沢菜(続)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月12日 (月)

野菜の学校(4) 鳴沢菜

1

講座「日本の伝統野菜・地方野菜」10月のテーマは山梨。鳴沢菜は「ツケナ」の種類です。そこで配付資料では、ツケナ全体と鳴沢菜について、簡単にまとめました。

続きを読む "野菜の学校(4) 鳴沢菜"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月11日 (日)

野菜の学校(3) やはたいもと水田

1

講座「日本の伝統野菜・地方野菜」10月のテーマは山梨。主役の「やはたいも」は、竜王町(今は合併して甲斐市)八幡地区で、江戸時代の中期から作られてきたさといもです。近くを流れる釜無川が氾濫して堆積した、肥沃な砂質の土壌で育てられる。だから、きめ細かく、口溶けがよく、もっちりしている。△写真の奥は土手で、その先に釜無川が流れている。

続きを読む "野菜の学校(3) やはたいもと水田"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月10日 (土)

野菜の学校(2) やはたいも

1_3

講座「日本の伝統野菜・地方野菜」10月のテーマは山梨。主役は「やはたいも」。[野菜の学校]を主催しているNPO野菜と文化のフォーラムを立ち上げた野菜の神さま、故・江澤正平さんが「やはたいもはうまいよ」とおっしゃっていたさといもです。

続きを読む "野菜の学校(2) やはたいも"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 9日 (金)

野菜の学校(1) 山梨の伝統野菜・地方野菜

1

講座「日本の伝統野菜・地方野菜」10月のテーマは山梨です。講師は加藤成二さん。NPO野菜と文化のフォーラムの芦澤正和さんが監修した『地方野菜大全』(初版2002年)の山梨の項を担当された方のお一人です。そこで、あちこち電話して探したところ、今は山梨県総合農業技術センター八ヶ岳試験地にいらっしゃることがわかり、かなり強引にお願いして、来ていただけることになりました。

ランチのおにぎりを食べながらあれこれ話していたら、スタッフの一人が高校の同窓生と判明、講義はリラックスして始まりました。

続きを読む "野菜の学校(1) 山梨の伝統野菜・地方野菜"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 8日 (木)

11月7日(土)の野菜の学校は、江戸東京野菜

東京の伝統野菜を守る活動は、江戸期から始まる野菜文化を継承するもので、固定種にこだわり、種を通して命が今日まで継続されていることを重視しています。[野菜の学校]では、これまで春と夏の江戸東京野菜を取りあげていますので、今回は秋冬。かぶ、だいこん、ごぼう、じゃがいも、かぼちゃなどが登場予定です。
 
講師は、江戸東京野菜コンシェルジュ協会理事の上原恭子さん。数多くの生産者とのつながりや料理講師としての豊富なキャリアをいかして、江戸東京野菜を元気にする活動に力を注いでおられます。

この9月25日、「江戸東京野菜」に2品目が追加され、42品目になりました。首都東京の地産地消の食材としてますます目が離せない、江戸東京野菜の現場のお話をうかがいます。
 
毎回ご好評の、地域の食材を使った料理の試食は、その地に伝わっている食べ方や、スタッフオリジナルの斬新なレシピで用意します。食べくらべは、主役の「品川かぶ」を中心に、一般的なかぶと長かぶを予定。
どうぞご期待ください。
 

続きを読む "11月7日(土)の野菜の学校は、江戸東京野菜"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 7日 (水)

ベビーパーシモン-第13回フルーツセミナー

1_4

果樹研究所の第13回フルーツセミナーに参加しました。午後からの第2部は「加工・業務用国産フルーツ」がテーマ。いくつもの展示とプレゼンテーション、そして試食が提供されました。そのなかで、かたちの面白さで目をひいたのが「ベビーパーシモン」、小さな柿です。

続きを読む "ベビーパーシモン-第13回フルーツセミナー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 6日 (火)

サワールージュ-第13回フルーツセミナー

1_2

果樹研究所の第13回フルーツセミナー、第2部のテーマは「加工・業務用国産フルーツ」でした。クッキングアップルとして登場した「サワールージュ」は、名前の通り、酸味が特徴だそうです。

続きを読む "サワールージュ-第13回フルーツセミナー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 5日 (月)

紅いわて-第13回フルーツセミナー

1

果樹研究所の第13回フルーツセミナーに参加しました。
日本で流通しているフルーツは、4割が国産、6割が輸入だそうです。国産のうちわけは生果が9割、加工は1割。加工は低価格でないと成立しませんから、1割という数字は、当然なのかもしれません。そんな加工品の状況を踏まえつつ、第2部のテーマは「加工・業務用国産フルーツ」でした。
 
「紅いわて」は、赤い色が鮮烈なりんご。なぜ「加工用」として登場したのかしら、と思ったら、皮をむいたときに褐変が、他の品種よりも少なく、カットフルーツなどにも向くとのことです。

続きを読む "紅いわて-第13回フルーツセミナー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 4日 (日)

りんご盛岡68号-第13回フルーツセミナー

681

果樹研究所が開く第13回フルーツセミナーに参加しました。会場は自由が丘にある「緑が丘会館」。第1部は「育成系統求評会(りんご盛岡68号)」です。
 
 「盛岡68号」という、まだ開発番号しかもっていないりんごがテーマ。会の趣旨は、このりんごは世に出て行くことができるかどうか、意見を聞きたいというものです。方針を決めかねているのは、「盛岡68号」には次のような特長と問題点があるからだそうです。
  • 「つがる」とほぼ同時期に収穫できる早生りんご
  • 特長:果実が大きく、食味がすぐれている
  • 問題点:果皮色が鮮明でない、くすむ

続きを読む "りんご盛岡68号-第13回フルーツセミナー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »