« 野菜の学校(9) 滝野川大長と馬込三寸 | トップページ | 野菜の学校(11)内藤とうがらし »

2015年11月17日 (火)

野菜の学校(10) 三河島菜

1

「里帰りした」というキャッチフレーズがつく「三河島菜」。春の[野菜の学校]に、とうだちした三河島菜がやってきたことはありますが、旬のものは初めてです。
 
▼「三河島菜」のプロフィール
  • アブラナ科。ツケナの一種。
  • 「三河島菜」は、白菜が中国から伝来する以前、漬けもの用の菜として、盛んに栽培された
  • 「荒川区史」によれば「三河島菜」という名称は徳川幕府初代頃につけられたという。産地は現在の荒川区尾久周辺
  • 江戸時代初期に、三河国(愛知県)の百姓が入植してつくりはじめたと伝えられている
  • 「タネ屋街道」と呼ばれた中山道には、種苗店が並んでいた。伊達藩の足軽が参勤交代の折におみやげとしてタネを持ち帰り、非常に大きな葉であったことから、「芭蕉菜」と名づけられた
  • 『江戸の野菜』(野村圭佑著・八坂書房)の次の一文は、三河島菜がもっぱら漬けものに使われたことを示している
  • 昭和の初めには「あの人とあの人は三河島の菜だよ」などと会話で使われた。三河島の菜は「良い菜漬け」になることから「いい菜漬け」と「いいなずけ(許嫁)」とを掛けた洒落である
  • 昭和初期以降は、栽培しやすい白菜に押され、東京では作られなくなっていったが、仙台には「仙台芭蕉菜」として残っていた
  • 仙台「今庄青果」のホームページに記載されている「仙台芭蕉菜」の記事をきっかけに、2010年、「三河島菜」の里帰りが実現。小平市の農家で栽培されるようになり、江戸東京野菜として復活を遂げた
三河島菜はクセのない、おいしい葉っぱです。「いい菜漬け」だけでなく、炒めものやおひたしにも使えます。大きさは今風ではないけれど、迫力があって、それも魅力。
 
▽これが仙台芭蕉菜
Photo
 
 

|

« 野菜の学校(9) 滝野川大長と馬込三寸 | トップページ | 野菜の学校(11)内藤とうがらし »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

江戸・東京野菜」カテゴリの記事

野菜の学校」カテゴリの記事

野菜(葉菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/62906357

この記事へのトラックバック一覧です: 野菜の学校(10) 三河島菜:

« 野菜の学校(9) 滝野川大長と馬込三寸 | トップページ | 野菜の学校(11)内藤とうがらし »