« 野菜の学校(11)内藤とうがらし | トップページ | 野菜の学校(13) 江戸東京野菜の試食 »

2015年11月19日 (木)

野菜の学校(12) かぶの食べくらべ

1

[野菜の学校]11月は江戸東京野菜の秋冬編。食べくらべは「東京長かぶ(品川かぶ)」を中心に、同じ江戸東京野菜でもっともポピュラーな「金町小かぶ」と、「東京長かぶ」のような姿の、もしかすると親類かもしれない岩手の「暮坪かぶ」を、生と塩もみで。

▼東京長かぶ(品川かぶ)
4
 
▼金町小かぶ 東京
1_2
 
▼暮坪かぶ 岩手
1_3
 
▼食べくらべの感想
▽生
  • 東京長かぶ(品川かぶ):甘く、辛みも少々、パリパリ感がある
  • 金町小かぶ:水分が多い。味はうまみ
  • 暮坪かぶ:辛い、苦みがある、水分が少なくかたい
▽塩もみ
  • 東京長かぶ(品川かぶ):葉は渋みがあり繊維が残り、塩がなじんでない。かぶのほうは、甘みがあり、塩がなじんでいる
  • 金町小かぶ:甘みがあり、塩がなじんでいる。なめらかな食感
  • 暮坪かぶ:えぐみ、苦み、辛みを感じる。かたい
 

|

« 野菜の学校(11)内藤とうがらし | トップページ | 野菜の学校(13) 江戸東京野菜の試食 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

江戸・東京野菜」カテゴリの記事

野菜の学校」カテゴリの記事

野菜(根菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

食べくらべ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/62911427

この記事へのトラックバック一覧です: 野菜の学校(12) かぶの食べくらべ:

« 野菜の学校(11)内藤とうがらし | トップページ | 野菜の学校(13) 江戸東京野菜の試食 »