« 野菜の学校(15) あすっこ | トップページ | 野菜の学校(17) そばの薬味を食べくらべ »

2015年12月23日 (水)

野菜の学校(16) 松江の和菓子

3

[野菜の学校]12月のテーマは島根の伝統野菜・地方野菜。試食の最後に、和菓子を2種類用意しました。黄色いほうは「菜種の里」。白とピンクの落雁は「山川」。どちらも松江藩主、松平不昧(ふまい)公お好みのお菓子です。

▼取材旅行の旅館を発つ朝いただいた、おうすと和菓子
1_2
 
島根の人と食の話をしていると、よく登場する不昧公。茶道を究め、「不昧流」を興した松江藩の第7代藩主です。松江城のまわりには、不昧公ゆかりの茶室が点在し、市民に愛されているとか。松江市民のお茶の消費量は全国平均の5倍、和菓子の一世帯あたりの購買量は1.5倍だそうです。
上の写真は、今回の講座の前に、取材のために島根に行ったとき宿泊した旅館で、出発の朝サービスしてくれたおうすと和菓子「山川」。で、[野菜の学校]でも試食メニューに入れたわけです。
 
▼山川(右の2つ)と菜種の里(左)
02
△山川
不昧公の歌から命名された、日本三大銘菓のひとつ。
紅白の打ちもので、落雁のなかでもやわらかくしっとりとした食感。紅は紅葉、白は渓流を表現した秋のお菓子。紅、春は桜に見立てるのだそうだ。
 
△菜種の里
不昧公が名前をつけたという、松江三大銘菓のひとつ。菜の花畑に白い蝶が飛び交うさまを表現している。
餅米を製粉した「寒梅粉」と「しとり」という砂糖をまぜて、ふるいに通し木枠でかためて作る。白い蝶(左角の下方にわずかに見える)は、玄米を鍋で炒ったもの。
 
 

|

« 野菜の学校(15) あすっこ | トップページ | 野菜の学校(17) そばの薬味を食べくらべ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

野菜の学校」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/63108015

この記事へのトラックバック一覧です: 野菜の学校(16) 松江の和菓子:

« 野菜の学校(15) あすっこ | トップページ | 野菜の学校(17) そばの薬味を食べくらべ »