« 野菜の学校(5) スサノオのチカラ | トップページ | 野菜の学校(7) 津田かぶ »

2015年12月15日 (火)

野菜の学校(6) スサノオの姉妹

3

「スサノオ」は、土地の食文化に結びついた在来の野菜から誕生した「出雲おろち大根」の品種名。新しい伝統創造の中心となった島根大学の小林伸雄先生は、その姉妹「紫おろち」と「赤おろち」を育成しているところです。狙いは、料理の彩りや食品色素源などの利用拡大。

 
姉妹「紫おろち」と「赤おろち」の育成は次のように行われています。
  • 2006年、「出雲おろち大根」に「からいね赤」と「紅心大根」を交配
  • 2007年以降、色と形に着目して選抜し、紫系統と赤系統に分けて交配、選抜を繰り返す
それぞれの色素の種類がわかりました。
  • 紫系:シアニジン
  • 赤系:ぺラルゴニジン
「出雲おろち大根」の抗酸化活性は「耐病総太り(青首)」の3倍以上ありますが、「紫おろち」「赤おろち」では5倍以上、とさらに強い活性をもっているとのこと。近日正式デビュー予定だそうです。

4

 

|

« 野菜の学校(5) スサノオのチカラ | トップページ | 野菜の学校(7) 津田かぶ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

野菜の学校」カテゴリの記事

野菜(根菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/63085430

この記事へのトラックバック一覧です: 野菜の学校(6) スサノオの姉妹:

« 野菜の学校(5) スサノオのチカラ | トップページ | 野菜の学校(7) 津田かぶ »