« 野菜の学校(7) 「潮江(うしおえ)菜」に選ばれた人 | トップページ | 野菜の学校(9) 弘岡かぶ »

2016年1月19日 (火)

野菜の学校(8) 「牧野野菜」がやってきた

1_6

熊澤秀治さんの「潮江菜」、講師押岡洋子さんの「田村かぶ」に加えて、「Team Makino」の村田隆則さんから届いた「牧野野菜」は5種類。[野菜の学校]には計7種類の「牧野野菜」が勢揃いしました。
みなさま、ありがとうございました。
 
▼潮江菜
1_2_2

「牧野野菜」のタネを託された農家、熊澤秀治さんの「潮江菜」。熊澤さんと「潮江菜」との出会いは物語のようです
 
▼田村かぶ
3
 
 [野菜の学校]今回の講師、押岡洋子さんが取り組んでいる、田村蕪式会社プロジェクトの主役。
 
▼南越(みなこし)かぶ
1_2_3
 
四国山間部の焼畑で作られ、各地に残っている赤かぶのひとつ。「南越」は、いの町(旧吾北村)にある地名。
 
▼焼畑のかぶ
1_7
 
江戸時代から伝わる「田村かぶ」より、さらに古いという。これも山間部の焼畑で作られてきた。葉はだいこんに似ている。
 
▼大道(おおどう)高菜
1_2_4
 
「大道昔高菜」とも呼ばれる。「大道」は四万十町十和(とおわ)地区にある地名。
 
▼もち菜
1_2_5
 
土佐藩主山内一豊が尾張から持ち込んだという。愛知では「正月菜」ともいう。いずれにしてもルーツは同じ。でも、ずいぶん姿が違う。
▽これが愛知の「もち菜」
Photo_2
 
▼久萬澤(くまざわ)ねぎ
1_8
 
生産者、熊澤さんの名前がついたねぎ。来歴は不明とか。とてもやわらかくて美味。
 
 

|

« 野菜の学校(7) 「潮江(うしおえ)菜」に選ばれた人 | トップページ | 野菜の学校(9) 弘岡かぶ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

野菜の学校」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/63200848

この記事へのトラックバック一覧です: 野菜の学校(8) 「牧野野菜」がやってきた:

« 野菜の学校(7) 「潮江(うしおえ)菜」に選ばれた人 | トップページ | 野菜の学校(9) 弘岡かぶ »