« 野菜の学校(8) 松阪赤菜 | トップページ | 野菜の学校(10) 最後の日 »

2016年3月15日 (火)

野菜の学校(9) 「三重なばな」の食べくらべ

[野菜の学校]3月のテーマは三重の伝統野菜。メインは「三重なばな」です。江戸東京野菜「のらぼう菜」、岩手の「はるの輝(かがやき)」と、ゆでて食べくらべました。

2

▼三重なばな

3

  • 美(うま)し国「みえの伝統野菜」のひとつ
  • 「江戸の灯りは伊勢でもつ」とうたわれたほど、古くからのナタネの産地
  • 昭和30(1955)年代に、油に代わって、食用の摘み芯の出荷が始まった
  • 昭和40(1965)年代に商品名を「ナバナ」に統一。1989年から「三重なばな」としてブランド化
 
▼のらぼう菜(東京三鷹「冨澤ファーム」)

1_2

  • 江戸東京野菜のひとつ
  • 明和4年(1767)9月、幕府の関東郡代伊奈備前守忠宥(ただおき)により、江戸近郊の天領の村々に配付された「闍婆(じゃば)菜(な)」のタネという
  • 分布範囲は、南が神奈川県川崎市多摩区菅地区から、北は埼玉県比企郡ときがわ町大野地区あたり
  • 幕府直轄の五日市市が栽培の始まりで、野良に生えていた=野良生え(のらばえ)→野良ぼえ(のらぼえ)→野良ぼー(のらぼー)→野良ぼう(のらぼう)になまった
  • 東京都あきる野市日の出町小中野の子生神社には「野良坊菜の碑」がある
  • 幕府が菜種油増産のために配布したのではないかという説もある
 
▼はるの輝(JA岩手ふるさと)

1_3

  • 1983年に東北農業試験場(岩手県盛岡市)の「トワダナタネ」採種ほ場で、表皮のワックス質のない個体を発見し、選抜を重ねて育成した固定品種で、1994年に品種登録された
  • ワックス(植物が虫や病気から自分を守るために作る成分)が非常に少なく、ゆでたときに鮮やかな緑色になる
  • 苦みがなく、甘みがあり、やわらかく、青臭みがない
  • 花茎の一本重が重く、太い
  • 収穫適期間が長い
 
▽左から「三重なばな」「のらぼう菜」「はるの輝」
 
1
 
▼受講生の食べくらべ評価 ※スタッフのメモから
<Aグループ>
  • 和洋のなばなで好みが分かれた。
  • 「三重なばな」と「のらぼう菜」は近い印象。「のらぼう菜」は花芽が出て茎が太い。「はるの輝」はふつうの小松菜の葉柄のよう。味も小松菜のよう。
  • 「のらぼう菜」は軸に甘みがあって、一番人気だった。「三重なばな」は香りが「のらぼう菜」より濃く、やわらかく、筋がなく、緑も鮮やかで使いやすい印象だ。
  • 和はからしあえ、洋は苦みがあるのでマヨネーズやイタリアンに
<Bグループ>
  • 「三重なばな」はゆであがりがきれいで、シャキシャキしていて、後味がさわやか。「のらぼう菜」は茎が太く、ぬめりがあり、甘い。アスパラのような感じ。「はるの輝」は濃いグリーンがきれい、苦味があるが、筋っぽい。
  • 春らしい味で、おひたし、あえもの、パスタ、いためものに
<Cグループ>
  • 「三重なばな」は茎に甘みがあって、香りと味が他と違う。
  • 「のらぼう菜」と「はるの輝」は小松菜のような青菜っぽさがあった。「のらぼう菜」が一番好きだったが、繊維が残ったという意見もあった。
  • おひたし、からしあえが多いが、「のらぼう菜」と「はるの輝」はいためものに合いそう
<Dグループ>
  • なばなといえば「三重なばな」でしょ! 「のらぼう菜」は太い茎がブロッコリーみたい。甘さと辛さがあり、いい菜だなと思った。「はるの輝」はほうれんそうのようで、北のしっかりした土壌で育ったのに納得。
  • 「三重なばな」はカキと一緒に酢味でも。「のらぼう菜」はいためものにして、白ワイン。「はるの輝」はしょうゆ味で赤ワイン。
<Eグループ>
  • 「のらぼう菜」が茎が太く、甘みがあった。「三重なばな」は味わい深い。「はるの輝」は筋っぽく、さっぱりしていた。
 

|

« 野菜の学校(8) 松阪赤菜 | トップページ | 野菜の学校(10) 最後の日 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

野菜の学校」カテゴリの記事

野菜(葉菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

食べくらべ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/63652205

この記事へのトラックバック一覧です: 野菜の学校(9) 「三重なばな」の食べくらべ:

« 野菜の学校(8) 松阪赤菜 | トップページ | 野菜の学校(10) 最後の日 »