« オレンジスライスジャム | トップページ | 伝統野菜プロジェクト »

2016年7月25日 (月)

北海道のさくらんぼ

1

新宿伊勢丹でみつけた北海道のさくらんぼ。
「あ、ついに温暖化による変化が現れたか!」と思いましたが、早とちりだったようです。
 

2

さくらんぼといえば山形です。パッケージを見たとき、「なのに、北海道余市?」と思わず買いものかごに入れました。そういえば何年か前に「地球温暖化のヘッジとして、山形の桜桃生産者が(?)北海道での試験栽培を始めた」という記事を読んだ記憶があります。「それが、ついに実現し、やってきたのか!!」と、ちょっとコーフンしたのですが、冷静に考えれば、2~3年でこんな風に出荷できるような実がなるのだろうか…という疑問はあります。
 
そこで、東京中央卸売市場のデータをみてみました。すると、直近(2015年8月~2016年7月)の1年間に、北海道産桜桃の取扱量は、99,010kgもあります。へーぇ、案外あるんだ。産地別にランキングしてみると、なんと3位! ちなみに1位は山形、2位米国です。
これ、最近のことかも、と統計の一番古い13年前のデータをみると、2002年5月からの1年間の取扱量は24,847kg。この13年間で、確かに3倍以上になっています。でも、温暖化対策として、産地を移動させる、という話よりずっと前から、東京市場にこれだけの出荷量があったということは意外でした。、
 
ついでに、北海道での桜桃栽培面積はどうなっているかを確認してみました。すると、2015(平成27)年の栽培面積は561haですが、12年前、2003(平成15)年は637ha、ということは、この12年間に、栽培面積は減っているのです。栽培面積が減っているのに、東京市場での取扱高は3倍以上になっている! 面積当たりの収穫量は増えているとしても、そんなにはならないだろうし……。あるいは、単に東京市場への出荷を増やしているということ?
 
3
 
これまで食べたさくらんぼは、山形、アメリカ、福島…。北海道産は記憶にありません。てことは、出回っていた(&食べていたのかも?)のに、気づかなかったのかなぁ。自信がなくなりました。

4

やわらかくて、甘くて…。たぶん「佐藤錦」。もう少しかたくて、酸味のあるほうがいいな。
 
 

|

« オレンジスライスジャム | トップページ | 伝統野菜プロジェクト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道のさくらんぼ:

« オレンジスライスジャム | トップページ | 伝統野菜プロジェクト »