« 小池洋男先生のブルーベリー | トップページ | サラダ紫 »

2016年7月19日 (火)

湘南ポモロン

4_3

神奈川県で誕生した野菜はいろいろあります。よこはま青果塾の藤岡輝好委員長からよくいただくので、私は県外の人間としては知っているほうかもしれません。地理的に近いし、親近感もあります。

2

湘南ポモロンは、[野菜の学校]2015年2月に神奈川県をテーマにしたとき、講師の北浦健生さんが紹介してくださった「かながわ特産品種」のひとつ。今回、撮影する必要があって、神奈川県のホームページに出ているお店に電話してみました。でも、どこにもありません。栽培しているところはまだ多くないのかもしれないな。

4

神奈川県のホームページの直売所に聞いて、どこにもなくてもあまり焦らなかったのは、最後にお願いできそうなところがあったからです。高梨農場Facebook、最近のトップ画像は湘南ポモロン。てことは、可能性は大ってことでしょう。
で、問い合わせたところ、まずは県の担当部署に確認したら、とアドバイスをいただきました。さっそく電話しましたが、県で把握しているハウスの冬春どりポモロンはもう終わっている、とのこと。というわけで、写真は高梨農場のポモロンです。
 
5
 
ポモドーロ+ロングで、ポモロンだそうです。「ロング」というのはイタリアのトマトのタイプ。「生食にもクッキングにも適した」トマトです。10年以上前、「シシリアンルージュ」が登場したときのキャッチフレーズは「生で食べるなんてはもったいない」でしたが、やがて「生で食べてもおいしい」に変わりました。「湘南ポモロン」は最初から、両方おいしいと言っています。
 
八百屋の匠、杉本晃章さんによると「生で食べちゃウマくないから、焼いて食べるんだよ」と、どんなに言っても「生で食べてマズかった」と言うお客さんがいるのだそうです。「日本人はトマトは生で食べるものって思ってるんだ」。確かにね。日本では生と加熱、両方いけることが大事です。
 
▽高梨農場の直売店に並んでいました。
1
 
▽湘南ポモロンのハウス
6
 
ポモロンがなっているところを見せていただきました。入ると、モワッとした湿った温かい空気に全身が包まれてしまう。眼鏡はくもりますし、ジワッと汗がわき出てきます。
このハウスの湘南ポモロンは200本あって、みんな2本仕立てなので、ほんとうは400本ある、ということなのだそうです。

▽湘南ポモロン-レッド
1_2

▽湘南ポモロン-ゴールド
2_2

高梨さん、「売るのが惜しい」とおっしゃる。みごとにできると、売りたくなくなってしまう…って、アーティストみたいです。

▽先っぽが尖っているのと丸いのがあります。
3_3

いただいた資料によると「最低夜温8℃まで下げて管理すると、果実の先が顕著に尖る」。尖っている方がイタリアンの血をひいた、本来のかたちだそうです。
高梨さんは尖っているほうがおいしいとおっしゃいますが、私にはその違いはよくわかりませんでした。
 
 

|

« 小池洋男先生のブルーベリー | トップページ | サラダ紫 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

野菜(果菜類)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/63992259

この記事へのトラックバック一覧です: 湘南ポモロン:

« 小池洋男先生のブルーベリー | トップページ | サラダ紫 »