« 鹿児島県に現存する伝統野菜 | トップページ | 宴の野菜度 四谷二丁目「おかげさん」 »

2017年1月13日 (金)

ミヤマグルミ? オニグルミ?

7156_3

【伝統野菜プロジェクト】メンバー、御倉多公子さんを中心に活動しているキッチンガーデンクラブの例会、後半のお楽しみの種苗交換会でゲットしました。畑のあるお家を長野に持って、二地域居住を始めたみどりさんが出品したくるみです。

6318

「C.W.ニコルさんのアファンの森近くのお店(?)で手に入れたミヤマグルミ」とのこと。出自も名称も由緒正しい感じがします。くるみは大好きなので、私の順番が来たとき、迷わず選びました。
 
ところが、家に帰って、胡桃割りで割ろうとすると、まったく割れません。びくともしない。胡桃割りか私の手のほうが割れそうです。で、金属の台の上にのせ、工具でつかんで、金槌で叩き壊しました。
 

▼胡桃割2種類で試した。どちらもかなわない硬さ
6416

▼金属の台の上で、工具でつかんで、金槌で壊した
6404

▼金槌で叩くと割れました
6412

食べてみると、ふだん食べているくるみより、えぐみ、苦み、渋みが強くて、ワイルドな味。もしかしたら、これは原種に近いくるみかもしれない。くるみの種類が知りたくなって調べてみましたが、手持ちの本には載っていませんし、ネットの情報にも「ミヤマグルミ」というくるみは出てきません。そのなかで見つけたのが「オニグルミはハンマーを使わないと割れない」という1行。
 
キミは鬼胡桃なの? どうもそんな気がするな。「ミヤマ」という美しい名前にしては、手強すぎるもの。ま、よくわからないものには、なんでも「深山」をつけちゃう、とも聞くから、そういう意味で「ミヤマグルミ」なのかもしれないけれど。
 
いつも買うくるみと比較してみました。日本ナンバーワンのくるみ産地。東御市産。品種は「シナノグルミ」だと思います。
 
▼シナノグルミ(左)とミヤマグルミ(右)
7168
はかってみると、通常のくるみの重さは9~13g。平均すると約10g。深山ぐるみは6~9g。平均7g。
 
「アファンの森」は、長野県上水内郡信濃町にあります。ウェールズにあるアファン・アルゴード森林公園にちなんで名づけられ、森の再生運動を行っている財団法人。活動を推進しているのはC.W.ニコルさんです。イギリスのナショナル・トラストのようなことを、日本で可能にしています。
 
▼キッチンガーデンクラブ例会のテーマは、薬膳
6299

6313

▼おやつの「くじらもち」がおいしかった
6306

 

 

|

« 鹿児島県に現存する伝統野菜 | トップページ | 宴の野菜度 四谷二丁目「おかげさん」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

草間さん、こんばんは!
鬼くるみって実家(新潟)の裏山に木があって、よく子供の頃拾いました。
くるみの殻って銀杏みたいにスコーンって簡単に割れそうですけどね。そういえば父が玄関で金づちで殻を割ってましたねsmile
中身を食べた記憶はあまりないんですが、中身をつまようじで取り出す手伝いをよくさせられました。
くるみってアーモンドやピーナッツとはまた違う魅力がありますよねheart01くるみ和えとかくるみ入りのパン、美味しいし大好きですhappy01

投稿: 松太郎ママ | 2017年1月22日 (日) 19時57分

松太郎ママさん
ああ、いい思い出ですねぇ。
絵本の世界のようです。
それも含めて、くるみがお好きなのでしょうね。

投稿: | 2017年1月23日 (月) 10時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/64774769

この記事へのトラックバック一覧です: ミヤマグルミ? オニグルミ?:

« 鹿児島県に現存する伝統野菜 | トップページ | 宴の野菜度 四谷二丁目「おかげさん」 »