« 松阪赤菜イブニングレセプション | トップページ | 伝統野菜の食材としての可能性 »

2017年3月25日 (土)

宴の野菜度 富ヶ谷「七草」

1784

  • チェックしたいお店に行く会
  • お酒をふくめ7000円くらい
  • おまかせ料理
◇お店の主、前沢リカさんは、メンバーのひとりの知り合い。閉店してしまった大塚「なべ家」で修行したといいます。そのお店が移転したので行ってみよう、ということになりました。
 
◇もと骨董品店?のショーウインドウだったという大きなガラス窓が、空間の印象を決めるいちばんのポイント。すっきり&モダンでデザインチックな、和のインテリアと器です。
 
◇お店のウェブサイト、トップページには「野菜と豆と乾物 旬の味」。はい、その通り。とてもきれいなお味でした。
 
◇お料理は、和食のコースを基本に、前沢さんの考えた流れで登場しました。
 
▼先付
Dsc_1756
右手はさといもと新たまねぎのすり流し、ホタルイカのオイル漬け、柚子こしょうを添えて。オリーブオイルを垂らしている
 
▼おしのぎ
Dsc_1759
マメごはん。卵焼き、そらまめの蜜煮、たけのこの含め煮とコシアブラ。利休麩とのらぼう菜のごま和え。奥の小鉢はふきのとうの白和え、上にトッピングはくるみ
 
▼お椀
Dsc_1763
じゃがいもと?たらの芽、好みで塩をつけて
 
▼向付?
Dsc_1776

Dsc_1779

春野菜のゼリー和え。中がアスパラガス、きさや、根みつば、ふき、山菜のうるい。よく混ぜてめしあがって

 
▼焼きもの
Dsc_1789
豚バラと大豆のみそねぎ? キャベツのマリネ
 
▼ごはん 
この辺で、「うどと菜の花のおかゆ」が出ましたが、なぜか写真がない。すっかり撮影を忘れて食べちゃったみたいだ。
 
▽香のもの
Dsc_1792
 
▼甘味
Dsc_1793

Dsc_1802

Dsc_1797

 

 

|

« 松阪赤菜イブニングレセプション | トップページ | 伝統野菜の食材としての可能性 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

レストラン」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/65353486

この記事へのトラックバック一覧です: 宴の野菜度 富ヶ谷「七草」:

« 松阪赤菜イブニングレセプション | トップページ | 伝統野菜の食材としての可能性 »