« 高知「牧野野菜」の在来きゅうり | トップページ | 稲山先生のきゅうりなど »

2017年9月 9日 (土)

「島うり」または「島きゅうり」

7835

【伝統野菜プロジェクト】が開いた<在来きゅうりフェスタ>に、奄美大島から「島うり」が届きました。調達係が「島きゅうり」という呼び方を強力に推すので、ラベルなど「島きゅうり」としましたが、「島うり」のほうが古い呼称のような気がします。「平成17(2005)年度 国土交通省 奄美群島生物資源の産業化・ネットワーク化調査」という権威ありそうな調査でも、「島うり」という名前を使っています。

3687

ウェブに島うりの画像はたくさん掲載されていますが、情報は少ないようです。一つ確からしいものを見つけたのは、「平成17(2005)年度 国土交通省 奄美群島生物資源の産業化・ネットワーク化調査」において作成されたという「奄美群島生物資源Webデータベース」。
 
これによると、「島うり」は、奄美大島、十島村にて古くから栽培される在来品種。十島村は、屋久島と奄美大島のあいだに点在する、トカラ列島と呼ばれる島々です、口之島など有人7島と5つの無人島、計12の島で構成されています。やはり、こういうところに在来作物は残りやすいんですね。
 
「うり」と呼ばれるきゅうりは、奄美の「島うり」だけではありません。{日本の伝統野菜・地方野菜講座]を開いていたときに出合った岩手の「地うり」や山梨の「茂倉うり」。それから山本農園の「翡翠うり」、ちょっと思い出すだけでも、これみんな「うり」と呼ばれているきゅうり。調べればもっとあると思います。
 
▼「うり」と呼ばれているきゅうりたち
▽地うり-岩手
4037
 
▽茂倉うり-山梨
8502
 
▽翡翠うり-山梨「山本ファーム」
03
 
どうしてきゅうりを「ウリ」と呼ぶのかしら。かつて、ウリとキュウリの区別は重要なものではなかったのかもしれない? たとえばウリとキュウリが同時に存在して区別しないと混乱する、という状況にはなかった、つまりどちらか1種類だけがあり、うりには違いないので「ウリ」と呼んでいた…とか? ま、いずれにしても、ヒトの暮らしより先に、植物分類があるわけではありませんからね。
 
植物分類ではどうなっているか、『植物分類表』を調べてみました。
  • 植物は、目⇒科⇒属、と上位ランクから下位ランクへ分類され、きゅうりは、ウリ目ウリ科キュウリ属キュウリ
  • キュウリ属には、きゅうりの他、メロン、マクワウリ、シロウリほかが入る
  • キュウリ属シロウリには、ハグラウリ、シマウリ(これは縞のほう)、カタウリ(愛知のかりもりなど)、アオウリ…など、「うり」として知られている品種の多くが含まれる
  • キュウリ属と同じランクにあるのは、トウガン属、スイカ属、カボチャ属、ユウガオ属、ヘチマ属、ツルレイシ属、ハヤトウリ属ほか
  • ハヤトウリはハヤトウリ属、ゴーヤーはツルレイシ属、、ユウガオ(かんぴょうを作る)はユウガオ属、みんなウリ科
▼こちらはウリ目ウリ科キュウリ属シロウリ
▽白うり-千葉
02623
 
▽はぐらうり-千葉
02634
 
▽青縞うり-佐賀
7909
 
▽御津の青うり-兵庫
06157
 
▽かりもり(早生)-愛知
02613

 
 

|

« 高知「牧野野菜」の在来きゅうり | トップページ | 稲山先生のきゅうりなど »

イベント」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜プロジェクト」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

野菜の学校」カテゴリの記事

野菜(果菜類)」カテゴリの記事

青果イベント」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

ごぶさたしてます!
きゅうり?うり?同じ仲間のようで仲間でないような…
もしかして種の大きさとかで分類しているのですかね…
きゅうりって畑に3日放置で巨大化してヘチマのようなきゅうりになっちゃってshock悩ましい存在です。

投稿: 松太郎ママ | 2017年9月11日 (月) 23時33分

松太郎ママさん
お久しぶりです。ご覧いただき、ありがとうございます。
きゅうりとうりって、昔は特に分類する必要はなかったんでしょうね。
仲間と「見た目では、イボがあるのがきゅうり、ないのがうりかしら」などと話していたんですけど、今やイボなしきゅうりもありますものね。悩ましい。

投稿: | 2017年9月12日 (火) 10時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/65765764

この記事へのトラックバック一覧です: 「島うり」または「島きゅうり」:

« 高知「牧野野菜」の在来きゅうり | トップページ | 稲山先生のきゅうりなど »