« 黒滝白きゅうり | トップページ | 美馬太きゅうり »

2017年9月 1日 (金)

毛馬(けま)きゅうり

Dsc_3591

【伝統野菜プロジェクト】の<在来きゅうりフェスタ>に、大阪から「なにわの伝統野菜」の「毛馬きゅうり」がやってきました。

Dsc_7844

「なにわの伝統野菜」の基準は以下の通り
  1. 概ね100年前から大阪府内で栽培されてきた野菜
  2. 苗、種子等の来歴が明らかで、大阪独自の品目、品種であり、栽培に供する苗、種子等の確保が可能な野菜
  3. 府内で生産されている野菜
「おおむね100年前」っていうことは、来年になると1年繰り上がるのね。「おおむね」だけど少しずつ動いていく。なるほどね、100年くらいその土地で作り続けている野菜は、もう「伝統野菜」と呼んでいいんじゃないの、てことだ。
 
伝統野菜の定義は地方によってさまざまです。土地の事情に合わせて考えられている、と同時に、その土地の人たちの気質も現れているような気もします。
 
以下は、藤枝國光氏の「毛馬きゅうり」の記述から
  • 春型雑種群に分類
  • 来歴は不明だが、江戸時代から明治にかけて成立
  • 細いつる、早い生長などの特性は華北きゅうりに近い
  • 在来種に華北きゅうりが交雑したもの
  • 優美な長形果
▼「優美な長形果」といえば、山形の「畔藤きゅうり」。
3095
 
それから、東大農園の手島さんに見せてもらった「南園黄瓜」と「三香黄瓜」。どちらも中国のきゅうりと聞きました。
▼南園黄瓜
6530

▼三香黄瓜
6511

今回、この<フェスタ>の前に、京都・大阪取材旅行を決行しました。直前に京都でおこなわれる「きゅうり封じ」という行事を見たかったのです。きゅうりで厄を封じてもらった後、大阪へ。黒門市場で「毛馬きゅうり」を探しました。
 
黒門市場の通りに入ると、ふんいきが前とずいぶん違います。人がいっぱい。混んでいて、賑やかで。海外からの旅行客が食べながら歩いている。お祭りみたいでした。
 
変貌を遂げた黒門市場に伝統野菜の八百屋さんはあるのだろうか。ネットで探してたどり着いたのは「プロデュースマーケットやすい」。前に来たときのお店とは違います。が、「毛馬きゅうり」もありました。
 
▽黒門市場入り口
7433

▽前は閑散としていたけど…
7435

▽プロデュースマーケットやすい
7452

▽伝統野菜が並んでる
7446

▽毛馬きゅうり
7444

 

 

|

« 黒滝白きゅうり | トップページ | 美馬太きゅうり »

イベント」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜プロジェクト」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

野菜(果菜類)」カテゴリの記事

青果イベント」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/65738199

この記事へのトラックバック一覧です: 毛馬(けま)きゅうり:

« 黒滝白きゅうり | トップページ | 美馬太きゅうり »