« 「牧野野菜」が紡ぐ物語 ①潮江菜-第2話から第4話まで | トップページ | 「牧野野菜」が紡ぐ物語 ②山内家伝来野菜-第2話~第4話 »

2018年3月 2日 (金)

「牧野野菜」が紡ぐ物語 ②山内家伝来野菜-第1話

5235_2

2月3日(土)に【伝統野菜プロジェクト】主催のセミナー「牧野富太郎博士の贈りもの-土佐によみがえる牧野野菜」が開かれました。講師として来てくださった生産者グループ“Team Makino”の代表、熊澤秀治さんのお話、次は「山内家伝来野菜」です。物語は「潮江菜」よりもさかのぼります。
 
「山内家伝来野菜」の山内家とは、1601年に土佐に入国した藩主、山内一豊のこと。下克上の戦国時代、信長、秀吉、家康という3人の権力者に巧みに仕えて権力闘争を乗り切り、関ヶ原の戦いでの功績によって土佐藩主になりました。このとき、ふるさと尾張国の野菜を持ち込んだとされるのが「山内家伝来野菜」です。「牧野野菜」コレクションのなかでは、だいこん、もち菜、きゅうり、なすの4つが山内家伝来とされています。
 
ちなみに、山内家は「やまのうちけ」ではなく「やまうちけ」と呼ぶのが土佐流。
 
■第1話 山内家伝来大根

4961_3

熊澤さんによると、「非常に優秀なだいこん。皮をむく必要がなく、20分で煮える。葉っぱはやわらかく折れやすいがめちゃくちゃおいしい。栽培がラクで、F1のとなりで栽培したら、F1は虫食いだらけなのに、なぜかわからないが、これは虫がつかない」。うーん、すごい!
 
「山内家伝来大根」は、愛知の伝統野菜「方領だいこん」によく似た姿をしています。「方領だいこん」は、いま私たちがよく食べるだいこんのモトになったという、たいへん重要な品種です。先の方が曲がるのが特徴ですが、だから「市場には向かないのかな」と熊澤さん。
でも、時季になると高知市の何軒かのスーパーマーケットに並ぶそうです。一度買うとリピーターになってくれますが、「伝統野菜だから」ではなく、「すぐに煮える」「おいしい」から。ま、当然でしょうね。
 
尾張から持ち込まれたこんな形のだいこんなら、「方領」のごく近い親戚であっても不思議ではありません。あるいは「方領」そのものかもしれない。まだちゃんと比較していませんが、いずれやっていきたいとのことです。
 
▼山内家伝来大根の圃場見学
1月下旬、セミナー前取材に高知へ行きました。そのときに見せていただいた、高知市七ツ淵にある山本巌さんの圃場です。雨まじりの雪が降っていました。
▽山本巌さん
5186_2
首の色によって畝を分け、白首を選抜しているそうです。
 
▽圃場の山内家伝来大根
5180_2
真っ白な首が見えています。葉は見るからにやわらかそう。
 
▽ほら「方領だいこん」にそっくり
5232_3

▽こちらが「方領だいこん」
1401

 
 
 
 

|

« 「牧野野菜」が紡ぐ物語 ①潮江菜-第2話から第4話まで | トップページ | 「牧野野菜」が紡ぐ物語 ②山内家伝来野菜-第2話~第4話 »

イベント」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜プロジェクト」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

野菜(根菜類)」カテゴリの記事

青果イベント」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/66451922

この記事へのトラックバック一覧です: 「牧野野菜」が紡ぐ物語 ②山内家伝来野菜-第1話:

« 「牧野野菜」が紡ぐ物語 ①潮江菜-第2話から第4話まで | トップページ | 「牧野野菜」が紡ぐ物語 ②山内家伝来野菜-第2話~第4話 »