« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月21日 (水)

「牧野野菜」のかぶ

植物学者、牧野富太郎博士の名を冠した「牧野野菜」は、博士が生まれ育った土佐で古くから作られてきた野菜です。そのコレクションにあげられているかぶは4種類、「焼畑のかぶ」、「田村かぶ」、「南越(みなこし)かぶ」、「大道昔かぶ」。今回のセミナー「牧野富太郎博士の贈りもの-土佐によみがえる牧野野菜」には、「田村かぶ」と「焼畑のかぶ」がやってきました

▽写真は村田農園から届いた「焼畑のかぶ」
5474

続きを読む "「牧野野菜」のかぶ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月19日 (月)

「牧野野菜」が紡ぐ物語 ④お殿さまのねぎ

植物学者、牧野富太郎博士の名前を冠した「牧野野菜」。そのリストに載っているねぎは、「ねぎ」という名前の1種類のみです。それも根木谷(ねぎだに)山の近くで作られていたといわれ、「ねぎ」と「ねぎだに」とのあいだには何かいわれがあるのではないか、と想像をたくましくしたくなります。

▼写真はイメージ。「ねぎマニア」といわれる村田農園のねぎ畑です5049

続きを読む "「牧野野菜」が紡ぐ物語 ④お殿さまのねぎ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月12日 (月)

「牧野野菜」が紡ぐ物語 ③陰陽師もジョン万次郎も登場?

5060_2

「牧野野菜」コレクションに大豆はたくさんある、と、「土佐によみがえる牧野野菜」セミナーの講師としてお話しくださった、生産者グループ“Team Makino”代表の熊澤秀治さん。なかでも「はちまき」と「赤」の話は省くわけにはいかない、とのことです。その「はちまき」と「赤大豆」、残念ながら、今回のセミナーにはやって来ませんでした。
▲上の写真は事前取材でお邪魔した村田隆則さんのところで見せていただいた「はちまき」。

続きを読む "「牧野野菜」が紡ぐ物語 ③陰陽師もジョン万次郎も登場?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 8日 (木)

高知、江本農園の「アンテナスイカ」

3883

2月下旬、箱が一つどーんと届きました。「江本農園 アンテナスイカ made in Kochi」というラベルが貼ってあります。思いがけない届けものににビックリして開けてみると、お手紙が入っていて、そこには「…あのときは収穫から一カ月近いスイカしかなかったので、どうぞ収穫したての真冬のスイカをみなさまで…」とありました。

3890_2

続きを読む "高知、江本農園の「アンテナスイカ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 2日 (金)

「牧野野菜」が紡ぐ物語 ②山内家伝来野菜-第2話~第4話

7824_3

2月3日(土)に開かれた【伝統野菜プロジェクト】主催のセミナー「牧野富太郎博士の贈りもの-土佐によみがえる牧野野菜」。講師は、生産者グループ“Team Makino”の代表、熊澤秀治さんにお願いしました。次のお話は、江戸時代、山内一豊が土佐の藩主になったことから、山内家のふるさと尾張の野菜が土佐に伝わった、とされる「山内家伝来野菜」の続きです。

続きを読む "「牧野野菜」が紡ぐ物語 ②山内家伝来野菜-第2話~第4話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「牧野野菜」が紡ぐ物語 ②山内家伝来野菜-第1話

5235_2

2月3日(土)に【伝統野菜プロジェクト】主催のセミナー「牧野富太郎博士の贈りもの-土佐によみがえる牧野野菜」が開かれました。講師として来てくださった生産者グループ“Team Makino”の代表、熊澤秀治さんのお話、次は「山内家伝来野菜」です。物語は「潮江菜」よりもさかのぼります。

続きを読む "「牧野野菜」が紡ぐ物語 ②山内家伝来野菜-第1話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »