« おいしい彩り野菜のつくりかた-7色で選ぶ128種 | トップページ | だいこんの食べくらべ-1 »

2018年6月22日 (金)

産地見学<ゆうがお畑とかんぴょうむき>

_s_2

■2018年7月20日(金) 栃木県壬生(みぶ)町へ
かんぴょうは、脇役ながら和食に欠かせない食材。「ゆうがお」という大きなウリ科の実を、ひも状にカットして干したもの、ということはご存じでしょう。
かんぴょうの起源は古く、朝鮮から現在の滋賀県に入ったという説が一般的です。栃木県に導入されたのは約300年前。現在では全国の生産量の90%以上を占めています。
 
壬生町は、かんぴょうが初めて滋賀から栃木へ伝わったところです。
当日は、東武宇都宮線「壬生駅」に集合。ゆうがおの畑を見て、農家のお話を聞き、かんぴょうむきを見学&体験。壬生町の歴史民俗資料館に移動し、副館長に案内していただきます。
かんぴょうづくしのランチのあと、「道の駅みぶ」で地域の産物を見学し、東武宇都宮線「国谷(くにや)駅」で解散の予定。ぜひご参加ください。
  • 日時:7月20日(金) 9時40分集合、15時頃解散予定 
  • 集合:9時40分 東武宇都宮線「壬生駅」改札口
    ※東武浅草8時発「きぬ107」⇒栃木乗換⇒壬生9時31分着 
  • 募集人数:20名(先着順) 
  • 参加費:4,500円 ※ランチ代、移動(マイクロバス)費用ほか 
  • お支払い:申込用紙をご覧になり、お振り込みください 
  • お申込み:申込用紙に必要事項を記入し、お送りください 
■申込用紙は下記をクリックしてください。
 
 

|

« おいしい彩り野菜のつくりかた-7色で選ぶ128種 | トップページ | だいこんの食べくらべ-1 »

イベント」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伝統野菜プロジェクト」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

野菜・果物の加工品」カテゴリの記事

野菜(果菜類)」カテゴリの記事

青果イベント」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125662/66856915

この記事へのトラックバック一覧です: 産地見学<ゆうがお畑とかんぴょうむき>:

« おいしい彩り野菜のつくりかた-7色で選ぶ128種 | トップページ | だいこんの食べくらべ-1 »