« 宴の野菜度 御徒町「老酒舗(ろうしゅほ)」 | トップページ | 大江戸味ごよみ 3月10日(日) 亀戸だいこん »

2019年3月 4日 (月)

ガイニマイナ&マゲニマイナ

7802

7807

2015年に[野菜の学校]で「島根の伝統野菜」の講師をつとめてくださった島根大学の小林伸雄先生から、2月中旬メールをいただきました。「先週、菜っ葉の新品種を発表いたしました。うま味と茎の柔らかさが特徴です。以前ご紹介したこともあったかと思いますが、現在試作試販中で今後県内外の栽培農家に普及し、広く流通を進めたいと考えております」とのことです。

小林先生が研究活動をすすめる島根大学生物資源科学部では、「出雲おろちだいこん」を開発し、出雲そばの引き立て役として、話題になりました。続いて今回は「津田かぶ」に「紅菜苔」と「アスパラ菜」を交配し、紫色の「ガイニマイナ」と緑色の「マゲニマイナ」が誕生したわけです。

メールをいただいたのがちょうど八百屋塾の前でしたので、東京の八百屋のみなさんに紹介したいと思い、現物を送っていただくことにしました。
写真は八百屋塾での「ガイニマイナ(左)」と「マゲニマイナ(右)」
 
「ガイニ」「マゲニ」はいずれも出雲弁で「非常に、とても」を意味するのだそうです。「マイナ」は「ウマイナ」、「おいしい菜」。で、「ガイニマイナ」も「マゲニマイナ」も「とてもおいしい菜」という意味になります。これ、島根の人たちにすぐにわかるのでしょう。ちょっととっつきにくいけれど、それだけにインパクトがあって、出雲から全国へ広がってほしい、という小林先生の願いがこもっているネーミングです。
 
▼パンフレット
__2
  • 島根大学発の地域特産新食材
  • 島根県松江地区の伝統野菜「津田かぶ」に紅菜苔、アスパラ菜を交配し、品種改良したもの
  • グラフによると、グルタミン酸含有量が、親品種の約2倍あり、うま味、甘味にすぐれている
  • 収穫:12月下旬~3月下旬
▼ガイニマイナ
2062
▼マゲニマイナ
2054
以下は、八百屋塾から持ち帰った人の感想です。
  • ガイニマイナは名前のわりには味にクセがなく、インパクトを感じなかった。ゆでで食べたが、短時間で柔らかくなり、色落ちも少なかった。
  • 太い茎 葉が少なく 美味しそうには見えなかったが、新鮮で色合いは好ましかった。さっとゆでて食べてみると 太い茎の部分も柔らかく、 クセがない。量も使いきりだし、アスパラの感覚で楽しめそう。
  • 私は、ゆでてサラダにしたり、炒めたり、スープに入れていただきました。いろいろに使えることもいいし、茎は太いのに、アスパラガスののようなスジが全然なく、甘さとうま味があって、好みです。
アスパラガスは周年出廻っていますが、東京卸売市場の取り扱いを見ると冬に少なくなります。ガイニマイナ・マゲニマイナの収穫時期は12月下旬~3月下旬ですから、重ならない時期があり、アスパラガスのように使えそうです。リーズナブルな価格で買えるならなおうれしいです。
 
 

|

« 宴の野菜度 御徒町「老酒舗(ろうしゅほ)」 | トップページ | 大江戸味ごよみ 3月10日(日) 亀戸だいこん »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

八百屋塾」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

野菜(葉菜類)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガイニマイナ&マゲニマイナ:

« 宴の野菜度 御徒町「老酒舗(ろうしゅほ)」 | トップページ | 大江戸味ごよみ 3月10日(日) 亀戸だいこん »