« 大江戸味ごよみ 3月19日(火) 目黒のたけのこ | トップページ | 八百善江戸東京ツアー 「玉の井」 »

2019年4月21日 (日)

ランチの野菜度 「春の鶴岡を味わう会」

Sansai_9402

  • 山形の山菜づくし
  • 参加費:4,500円
  • 野菜度:★★★★☆

◇【伝統野菜プロジェクト】の春のセミナー「タネと人との素敵な関係」でお世話になった、山形「山菜屋」の遠藤初子さんからお誘いがあり、チームメンバーがランチに参加しました。
◇春の山菜づくしのランチ。定番のてんぷらがおいしいのはもちろんですが、ディップやアクアパッツァになったり、アボカドに入ったグラタンになったり、面白いお料理のあれこれを楽しみました。
▲写真は「赤こごみ」「あまどころ」など当日販売された山菜。

▼くわ茶
Kuwacha_9330

▼行者にんにくのディップ クリームチーズとマスカルポーネ
Dip_9337

▼ドイツ風のパン
Pan_9336

▼サラダ
Salada_9345
野にんじんとつリがねにんじん、庄内いちごのサラダ。ドレッシングは蜂蜜とバルサミコ。

▼山菜のアクアパッツァ
Aquapazza_9347
大きなあさりととびうお、トマト、赤こごみが入っています。

▼赤こごみの炒め煮
Akakogomi_9349
赤こごみと豚肉、しらたき、油あげの炒め煮。

▽赤こごみ
Aka_kogomi8854
「赤こごみ」は春のセミナーのときにお初にお目にかかりました。黒川能(憧れ!)の行事食に、乾燥保存したものをもどしてくるみと甘辛く炊き合わせるそうです。

▼てんぷら
▽ふきのとう
Tempura_9352
▽たらの芽
Tempura_9357
▽行者にんにくと野にんじんのかきあげ
Kakiage_9361
山菜といえばてんぷら。てんぷらなしには、これほどみんなに人気の食材にはならなかったのではないかしら。
「山菜のかきあげは、甘い野菜、にんじん、たまねぎ等と組み合わせるといい」と遠藤さん。

▼アボカドのグラタン
Avocado_9366
青こごみ(フツーのこごみ)と酢たまねぎがのっています。酢たまねぎは、あまり酸っぱくなく、なじんでいました。

▼羽黒緬羊のソテー
Haguromenyo_9367
じゃがいも、そらまめ、あまどころ、かたくりの花、山ぶどうのソース。

▽羽黒緬羊はだだちゃ豆を食べて育ちます
Haguro_menyo7899

▼デザート代わりの「からからせんべい」
Karakarasenbei9373

Karakarasenbei_9378
江戸時代から続く伝統駄菓子 中を割れば、和紙に包まれた小さな鈴や手まり、奴だこ、将棋の駒などが現れます。大人も「何が出てきた?」と大騒ぎ。振ると「からから」と音がするので「からから煎餅」。

◇定番のてんぷらからアクアパッツァまで山菜づくしなので★★★★。北国のおいしい春を味わいました。

▼会場は人形町の「モリモトハウス」
Exterior_9328

|

« 大江戸味ごよみ 3月19日(火) 目黒のたけのこ | トップページ | 八百善江戸東京ツアー 「玉の井」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

野菜(山菜・野草)」カテゴリの記事

伝統野菜プロジェクト」カテゴリの記事

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大江戸味ごよみ 3月19日(火) 目黒のたけのこ | トップページ | 八百善江戸東京ツアー 「玉の井」 »