« ランチの野菜度 藤沢「トラットリア・アドリアーナ」 | トップページ | 宴の野菜度 麻布十番「更科堀井」 »

2019年5月22日 (水)

大江戸味ごよみ 5月22日(水) 江戸のきゅうり

筑摩書房刊の日めくりカレンダー『大江戸味ごよみ2019』に、伝統野菜プロジェクトとして書いたコラム。5月22日(水)のテーマは「江戸のきゅうりは半分白い」です。

190522_s

きゅうりが江戸に入ったのは江戸時代後半。西日本から導入されて、渡船場の砂村(江東区)で栽培が始まった。明治以降に、ここから品川方面へ、さらに大田区の南北馬込地域に広がって、明治33年(1900)頃「馬込半白節成きゅうり」誕生。いま、食べ方は漬けものからサラダに移り、濃緑色のタイプが出廻っているが、馬込半白は「江戸東京野菜」として復活している。

当時、きゅうりは非常に苦く、「下品の瓜(農業全書)」とされて、初物好きの江戸っ子にも「初物の内からきふりはばかにされ」ていました。その後、改良されて人気の野菜になっていきます。
「日本ではごはんが主食で、漬けものは欠かせない。冬のだいこん、白菜、夏のきゅうり、なすは漬けものの素材として重要な野菜」とおっしゃるのは、2017年7月に【伝統野菜プロジェクト】が開いた「在来きゅうりフェスタ」でお話をしてくださった稲山光男さん。稲山さんをはじめとする育種にたずさわる研究者が改良・開発したきゅうりは、市場を席巻していきます。
1975(昭和50)年頃になると、きゅうりは東京市場における取扱金額の10%を占めて、取扱金額ベースで市場ナンバーワン。1994年にトマトに取って代わられるまでの20年間は、トップの座を守り続けました。今もトマトに次ぐ第2位。サラダにかせない野菜として一年中出回っています。

▼いま、主流のブルームレスきゅうり
04029

▼「江戸東京野菜」に認定されているきゅうり
3190

写真下は「馬込半白(馬込半白節成)」、上は「高井戸半白」。2品種とも半分白い「半白(はんじろ)」です。

▼馬込半白(馬込半白節成)
1211

1291
馬込村(現・大田区)で作られていたきゅうりで、「大井胡瓜とうりを掛け合わせたもの。明治30(1897)年頃から改良を重ねて節になる形になったのは、明治37(1904)~38(05)年頃(JA東京中央会)」。「節成」は、節ごとに花が咲き実がなることをいいます。

▼高井戸半白
3194

3269
旧豊多摩郡高井戸村は江戸時代に開拓された古くからの野菜の産地。その名がついた「高井戸半白」は、「馬込半白節成と、豊島枝成の中間的品種で、昭和30年代まで盛んに栽培されていた(JA東京中央会)」といいます。

 

 

|

« ランチの野菜度 藤沢「トラットリア・アドリアーナ」 | トップページ | 宴の野菜度 麻布十番「更科堀井」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

野菜(果菜類)」カテゴリの記事

伝統野菜プロジェクト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ランチの野菜度 藤沢「トラットリア・アドリアーナ」 | トップページ | 宴の野菜度 麻布十番「更科堀井」 »