« 福島秀史さんの畑 のらぼう菜・タネ採り用 | トップページ | 福島秀史さんの畑 こぼれ種からのいただきもの »

2019年8月 7日 (水)

福島秀史さんの畑 内藤かぼちゃ

1235
△丘の上の畑で、内藤かぼちゃの花が咲いていました。

1241
△花の中に入って花粉をつけているのはミツバチかしら。近くに養蜂場があって、その蜂がやってくるそうです。持ちつ持たれつというか、共存共栄というか…、畑とミツバチは双方にとってうれしい存在です。
花の中のミツバチを撮るのは難しい。どうしてもピントが手前に合ってしまいます。まあ虫らしき姿が見えるので、これでいいことにしよう。

1240
△同じ理由で、畑のかぼちゃも撮りにくい。ピントは手前の葉っぱや茎に来てます。奥にまだ若い内藤かぼちゃがいます。

■内藤かぼちゃ(JA東京中央会のサイトから)

内藤(ないとう)カボチャ・角筈(つのはず)カボチャ・淀橋(よどばし)カボチャは同じもので、産地が内藤新宿から、角筈、淀橋に移ったことでその名がある。
早生種で色は黒っぽい。初実は緑色。熟すに従い淡赤黄色に変化。晩熟は果実の表面に真っ白い粉がでる。果肉は厚く、外皮は薄い。ヘタの断面が五角形で肩がもりあがり、また実を裏返して花落ち部分をみると全体が菊の花の様。そこから「菊座」といわれるようになった。内藤家の下屋敷(現新宿)で生産された内藤かぼちゃは宿場の名物になり、周辺農家に発展し、角筈村、柏木村で地域野菜として定着していった。

▽内藤かぼちゃ(2015年11月撮影)
1511073805

 

|

« 福島秀史さんの畑 のらぼう菜・タネ採り用 | トップページ | 福島秀史さんの畑 こぼれ種からのいただきもの »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

野菜(果菜類)」カテゴリの記事

江戸・東京野菜」カテゴリの記事

伝統野菜プロジェクト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 福島秀史さんの畑 のらぼう菜・タネ採り用 | トップページ | 福島秀史さんの畑 こぼれ種からのいただきもの »