« 福島秀史さんの畑 こぼれ種からのいただきもの | トップページ | 福島秀史さんの畑 滝野川ごぼうのタネ採り »

2019年8月18日 (日)

大江戸味ごよみ 8月18日(日)谷中しょうが

筑摩書房刊の日めくりカレンダー『大江戸味ごよみ2019』に、伝統野菜プロジェクトとして書いたコラム。8月18日(日)のテーマは「谷中しょうが」です。
190818_s_20190918121101

市場で「谷中」といえば葉つき生姜を指すが、もとは谷中産の葉生姜のこと。といっても「谷根千」の谷中ではない。かつては、谷中本村(西日暮里の諏訪神社から見下ろす一帯)の特産品で、寺社や商人、職人などに中元の贈答品として使われ、人気を博した。いま出まわっている谷中生姜の多くは千葉県産などだが、東京産の野菜としても復活しつつある。

▼谷中しょうが
1508090783

青果プロが使う「ヤナカ」は、「谷中しょうが」を指す固有名詞ではなく、「葉つきしょうが」を指す一般名詞です。そこで、東京中央卸売市場で取り引きされる「ヤナカ」の状況をみてみました。この1年間(2018年5月~2019年4月)の取り扱い量ランキングは、1位=千葉、2位=静岡、3位以下、茨城、愛知、埼玉と続き、6位に東京が入っています。ベストテンに入っているなんて案外健闘している感じ。なにしろ年間の取扱量が東京は190kgしかありません。千葉は247,310kgですから、その約1300倍!(計算違っていないよね)。そもそも出まわる期間もぜんぜん違います。千葉県産は一年中出荷されていますが、東京産が出るのは、3か月間のみ。8~9月がメインで、10月はピーク時の4分の1程度です。そこが在来の野菜の特徴で、旬の価値なのですが、もう少し手に入りやすいとうれしい

写真は、国分寺の小坂農園。江戸東京野菜の「谷中しょうが」の畑を見学したときのものです。
1508090750 1508090760 

 

|

« 福島秀史さんの畑 こぼれ種からのいただきもの | トップページ | 福島秀史さんの畑 滝野川ごぼうのタネ採り »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 福島秀史さんの畑 こぼれ種からのいただきもの | トップページ | 福島秀史さんの畑 滝野川ごぼうのタネ採り »