« パプリカペースト「アイバル」 | トップページ | 真室川伝承野菜図鑑~雪国を耕す »

2021年1月28日 (木)

SEED VOL.18 

山形在来作物研究会(以下「在作研」)の会誌「SEED VOL.18」が届きました。特集は二つ。「山形県庄内地方の焼畑の現在」と「種苗店と在来作物」です。どちらも、在作研会長、山形大学江頭宏昌教授が執筆しておられ、必読です。

2101seed_vol_18

巻頭言「伝統食材を身近に」も、もちろん江頭先生。100円ショップで購入された「炊飯マグ」を使い、研究室で、伝統食材を入れた「かてめし」を炊いてランチにめしあがっているといいます。
始めたきっかけは「戦前の人が普段食べていた飯はどんな味だったのだろうか」と思い立ったこと。そこで、東北で主食だった三穀飯(米・麦・粟)に、「かて」としてだいこん、かぶ、さといも、じゃがいもなどを入れているそうです。食べた印象は「ヘルシーで美味しい」。さらに「炊飯マグのおもしろいところは、ごく少量で自分なりの伝統食材を入れたアイディアを数多く試せること」ともおっしゃいます。
私も炊飯マグを手に入れよう。

|

« パプリカペースト「アイバル」 | トップページ | 真室川伝承野菜図鑑~雪国を耕す »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

伝統野菜・地方野菜」カテゴリの記事

伝統野菜プロジェクト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パプリカペースト「アイバル」 | トップページ | 真室川伝承野菜図鑑~雪国を耕す »