2020年4月20日 (月)

かわさき菅の「のらぼう」-続

7256
かわさきのらぼうプロジェクトの清水まゆみさんにお願いして、地域特産物マイスターで菅のらぼう保存会会長の髙橋孝次さんの畑を見学しました。

続きを読む "かわさき菅の「のらぼう」-続"

| | コメント (0)

2020年4月13日 (月)

江戸東京野菜の「のらぼう菜」

1603059995

「のらぼう菜」は、東京の伝統野菜「江戸東京野菜」の一つに認定されています。江戸東京野菜を掘り起こし、再生させ、広める活動の中心になっているのは、江戸東京・伝統野菜研究会の大竹道茂代表とJA東京中央会です。

続きを読む "江戸東京野菜の「のらぼう菜」"

| | コメント (0)

2020年4月12日 (日)

のらぼう菜づくしの蕎麦御膳

7180
五日市の「のらぼう菜」圃場を二つ見学した後、あきる野市雨間にあるおそば屋さん「伊ぐ佐」で、石臼でひいた手打ちそばに、のらぼう菜を使ったお料理がセットになったランチをいただきました。メニューに名前がなかったので、勝手に「のらぼう菜づくしの蕎麦御膳」とネーミング。ごちそうさまでした。

続きを読む "のらぼう菜づくしの蕎麦御膳"

| | コメント (0)

2020年4月 7日 (火)

五日市の「のらぼう菜」

7151
あきる野市小中野の子生(こやす)神社で野良坊菜之碑を見学した後、五日市の「のらぼう菜」圃場を2か所、見せていただきました。留原地区と伊奈地区です。晩生と早生のタネ、陽当たりのよしあしで、生育状態がずいぶん違います。上の写真は五日市留原地区にある晩生の圃場。

続きを読む "五日市の「のらぼう菜」"

| | コメント (0)

2020年4月 5日 (日)

野良坊菜之碑

7111
新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になった伝統野菜プロジェクト主催の3月のセミナー「のらぼう菜と仲間たち」。そのための事前取材のメモをまとめました。埼玉県の「比企のらぼう菜」に続いて取材したのは、東京の「のらぼう菜」。「江戸東京野菜」の一つに認定されています。あきる野市の圃場を二か所、見学しました。

JR五日市線「武蔵五日市駅」で待ち合わせ。JAあきがわ五日市のらぼう部会の乙戸博部会長にご案内いただきました。

まず向かったのは、のらぼう菜の石碑。あきる野市小中野にある「子生(こやす)神社」の境内裏手に建っています。前から一度見てみたいと思っていた念願が叶いました。

続きを読む "野良坊菜之碑"

| | コメント (0)

2020年1月28日 (火)

のらぼう菜と仲間たち

200307_s
のらぼう菜をご存じですか。一度食べたら忘れられない豊かな味わい…。そのラフな姿からは思いもよらない魅力のある、早春の野菜です。のらぼう菜の原種は、江戸時代にオランダの交易船によってジャワを経由して伝えられた「闍婆菜」(じゃばな)である、という説があります。幕府が、救荒作物として江戸近郊の天領の村々に配布し、天明、天保の大飢饉の際、人々を飢餓から救ったといいます。
現在、そのような言い伝えのある系統が、神奈川県、東京都、埼玉県に、それぞれの伝統野菜として残されています。この三つの地域の「のらぼう菜・のらぼう」を揃えてみようと企画しました。
のらぼう菜はアブラナ科アブラナ属のセイヨウアブラナの一種。アブラナ科にはたくさんの仲間がいて、日本だけでなくアジアや欧米でも、古くからなじみのある野菜です。
そこで今回は、この季節に茎葉を食するアブラナ属の仲間たちも集める計画です。いま候補に挙がっているのは、栃木のかき菜、福島の茎立ち菜、石川の中島菜、滋賀の鮎河菜(あいがな)群馬の宮内菜、三重の三重なばな…。イタリアのチーマ・ディ・ラーパやF1品種も加える予定です。お楽しみに。
講師はアブラナ科ファミリーについての第一人者石田正彦さんにお願いしました。もちろん、毎回好評の食べくらべと試食も充実。どうぞふるってご参加ください。
※気候条件等により計画通りに揃わない場合はご容赦ください。

■講師 石田正彦氏(いしだまさひこ)氏
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構企画戦略本部経営戦略総括課勤務。農学博士。ナタネ、ダイコンの品種改良に携わり、2017年にはダイコン特有のにおいや黄変の元となるグルコラファサチンを含まない品種「悠白」「サラホワイト」を世界に先駆けて開発。著書に農山漁村文化協会刊『ナタネの絵本』ほか。

続きを読む "のらぼう菜と仲間たち"

| | コメント (0)

2019年10月19日 (土)

大江戸味ごよみ 10月19日(土)べったら市

筑摩書房刊の日めくりカレンダー『大江戸味ごよみ2019』に、伝統野菜プロジェクトとして書いたコラム。10月19日(土)のテーマは、べったら市とえびす講です。
191019_s

毎年10月19日・20日、大伝馬町宝田恵比寿神社を中心に「日本橋恵比須講べったら市」が開かれ、大根の浅漬け「べったら」を売る露店が並ぶ。起源は江戸中期。恵比須講の供えものを売る市に、近隣の農家が作った大根を飴と麹で加工して出したのがはじまりとか。べったらは、15代将軍慶喜も好んだという。恵比須講が終わると、いよいよ本格的な冬がやってくる。

続きを読む "大江戸味ごよみ 10月19日(土)べったら市"

| | コメント (0)

2019年10月 3日 (木)

大江戸味ごよみ 10月3日(木)小松菜と吉宗

筑摩書房刊の日めくりカレンダー『大江戸味ごよみ2019』に、伝統野菜プロジェクトとして書いたコラム。10月3日(木)のテーマは、小松菜と吉宗。続けて、将軍ゆかりの伝統野菜です。

191003_s

「小松菜」は八代将軍・吉宗が命名したという。鷹狩りに出た吉宗は小松川村で休憩した。接待役、亀戸香取神社神主が、青菜をあしらった餅のすまし汁を供したところ、吉宗はことのほか喜び、菜の名を下問。「名のない菜」という答に「ならば小松菜と呼ぶがよい」。ただし、いまスーパーマーケットに並ぶ小松菜は、青梗菜などを掛け合わせたもので、だいぶ異なる。

続きを読む "大江戸味ごよみ 10月3日(木)小松菜と吉宗"

| | コメント (0)

2019年10月 1日 (火)

大江戸味ごよみ 10月1日(火)練馬大根と綱吉と脚気

筑摩書房刊の日めくりカレンダー『大江戸味ごよみ2019』に、伝統野菜プロジェクトとして書いたコラム。10月1日(火)のテーマは、練馬大根と綱吉です。

191001_s

江戸で暮らすとかかるので「江戸わずらい」といわれた脚気。その原因は、白米中心、野菜不足の食生活だった。五代将軍綱吉も若い頃に患い、練馬で養生した。綱吉が取りよせた尾張の種から、練馬は大根の名産地になっていく。練馬の農民は、江戸の朝市に間に合わせるため、午前一時頃に収穫した大根を馬にのせ、6~7時間かけて運んだという。

続きを読む "大江戸味ごよみ 10月1日(火)練馬大根と綱吉と脚気"

| | コメント (0)

2019年9月11日 (水)

大江戸味ごよみ 9月11日(水)生姜祭

筑摩書房刊の日めくりカレンダー『大江戸味ごよみ2019』に、伝統野菜プロジェクトとして書いたコラム。9月11日(水)のテーマは「生姜祭」です。
190911_s

9月に催される芝大神宮の祭礼は「生姜祭」とも呼ばれ、浮世絵にも描かれる人気の祭。鎮座当時、まわりは生姜畑だったところから、神前に供えられ、参拝者に配られた。食べれば風邪をひかない縁起物という。祭礼の間、生姜市が立ち、境内や参道で盛んに生姜が売られていた。境内には生姜塚もある。現在は、高知県園芸連から特産の生 姜が奉納されている。

続きを読む "大江戸味ごよみ 9月11日(水)生姜祭"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧