2020年1月 6日 (月)

日本の野菜

Biostory32_rtcd
生きもの文化誌学会が昨年11月末に発行した“BIOSTORY 32”。特集は「日本の野菜」です。そのトップページにはこうあります。

近年、国内の「伝統野菜」が注目されているが、
世界的な視野でみると
日本は野菜の起源地ではない。
日本の野菜は、いつどこで生まれて
日本に導入され現在に到るのか
野菜と文化とのかかわり方
わが国の最新の野菜事情など、
日本の「野菜と人」との多面的なかかわり方を
生き物文化誌の視点から展望する。

執筆されている先生方は、江頭宏昌先生のほか、昨年の「在来ごぼうフェスタ」でお話いただいた冨岡典子先生、「野菜の学校・日本の伝統野菜・地方野菜講座」にご登壇くださった、なにわの森下正博先生、鹿児島の田畑耕作先生、江戸東京野菜の大竹道茂先生、と存じあげているお名前がズラリ。その最後に私たち伝統野菜プロジェクトもあります。「伝統野菜プロジェクトの取り組み」というテーマをいただき、「この道は未来へ続く」というタイトルで活動を紹介しました。

在来野菜、伝統野菜に限らず、野菜に関心のある方にはきっと興味深い内容です。私の原稿はともかく、ぜひご一読をおすすめします。

続きを読む "日本の野菜"

| | コメント (0)

2019年12月10日 (火)

エソジマおかき

9885
私たち【伝統野菜プロジェクト】が開いた在来ごぼうフェスタ」に栃木県から参加してくれた野菜勉強仲間からいただきました。宇都宮白楊高校の生徒たちがもち米の伝統品種を復活させて作った、という「エソジマおかき」。その後の私たちのミーティングは、カリカリ、ポリポリという音と、香ばしいしょうゆとおかきのにおい。復活したお米は「エソジマモチ」という陸稲です。

続きを読む "エソジマおかき"

| | コメント (1)

2019年11月 5日 (火)

日本食文化のルーツへ「在来ごぼうフェスタ」

Photo_20191105142401

ごぼうが日本にやってきたのは縄文時代。各地にその土地独特の品種や調理法が伝わっています。ごぼうは神へのお供えや行事食に使われ、和食に欠かせない食材となりました。
今回は、ごぼうを日本食文化形成の重要なファクターと位置づけておられる講師、冨岡典子氏のお話をうかがい、日本食文化のルーツをさぐります。各地のごぼうを集めて展示するほか、毎回ご好評の食べくらべや、料理の試食も用意します。どうぞご参加ください。

■講師:冨岡典子氏(とみおかのりこ)氏
奈良教育大学大学院教育学研究科修士課程修了。博士(学術)。畿央大学助教授、帝塚山大学非常勤講師、近畿大学非常勤講師を歴任。著書:『ものと人間の文化史170 ごぼう』(法政大学出版局・2015)、『大和の食文化-日本の食のルーツをたずねて』(奈良新聞社・2005)、『新版 日本の食文化-「和食」の継承と食育-』(共著、アイ・ケイコーポレーション・2016)ほか多数。

続きを読む "日本食文化のルーツへ「在来ごぼうフェスタ」"

| | コメント (0)

2019年10月19日 (土)

大江戸味ごよみ 10月19日(土)べったら市

筑摩書房刊の日めくりカレンダー『大江戸味ごよみ2019』に、伝統野菜プロジェクトとして書いたコラム。10月19日(土)のテーマは、べったら市とえびす講です。
191019_s

毎年10月19日・20日、大伝馬町宝田恵比寿神社を中心に「日本橋恵比須講べったら市」が開かれ、大根の浅漬け「べったら」を売る露店が並ぶ。起源は江戸中期。恵比須講の供えものを売る市に、近隣の農家が作った大根を飴と麹で加工して出したのがはじまりとか。べったらは、15代将軍慶喜も好んだという。恵比須講が終わると、いよいよ本格的な冬がやってくる。

続きを読む "大江戸味ごよみ 10月19日(土)べったら市"

| | コメント (0)

2019年10月 7日 (月)

~日本食文化のルーツをさぐる~ 在来ごぼうフェスタ

_s_20191007110901

 ごぼうを食べる多様な文化があるのは、世界中で日本だけとか。そのタネは縄文時代の遺跡から出土しています。大陸から渡来し、栽培されていたごぼう。当初は薬用でしたが、やがて料理の食材となり、神へのお供えや儀礼食、また現代のおせち料理にも必ず用いられる、重要な食材です。
 今回はごぼうの伝来、各地に伝わる品種と料理、祭り、儀礼などを通して、日本固有の食文化が形成されるプロセスを学び、日本食の真髄に迫ります。 講師は、ごぼうを日本食文化形成の重要なファクターと位置づけ、研究を続けておられる冨岡典子氏。
 今回も各地のごぼうを集めて展示するほか、好評の試食会では、在来種とF1種との食べくらべや、ごぼうの伝統食とスタッフオリジナルレシピによる料理を用意します。ふるってご参加ください。

続きを読む "~日本食文化のルーツをさぐる~ 在来ごぼうフェスタ"

| | コメント (0)

2019年10月 3日 (木)

大江戸味ごよみ 10月3日(木)小松菜と吉宗

筑摩書房刊の日めくりカレンダー『大江戸味ごよみ2019』に、伝統野菜プロジェクトとして書いたコラム。10月3日(木)のテーマは、小松菜と吉宗。続けて、将軍ゆかりの伝統野菜です。

191003_s

「小松菜」は八代将軍・吉宗が命名したという。鷹狩りに出た吉宗は小松川村で休憩した。接待役、亀戸香取神社神主が、青菜をあしらった餅のすまし汁を供したところ、吉宗はことのほか喜び、菜の名を下問。「名のない菜」という答に「ならば小松菜と呼ぶがよい」。ただし、いまスーパーマーケットに並ぶ小松菜は、青梗菜などを掛け合わせたもので、だいぶ異なる。

続きを読む "大江戸味ごよみ 10月3日(木)小松菜と吉宗"

| | コメント (0)

2019年10月 1日 (火)

大江戸味ごよみ 10月1日(火)練馬大根と綱吉と脚気

筑摩書房刊の日めくりカレンダー『大江戸味ごよみ2019』に、伝統野菜プロジェクトとして書いたコラム。10月1日(火)のテーマは、練馬大根と綱吉です。

191001_s

江戸で暮らすとかかるので「江戸わずらい」といわれた脚気。その原因は、白米中心、野菜不足の食生活だった。五代将軍綱吉も若い頃に患い、練馬で養生した。綱吉が取りよせた尾張の種から、練馬は大根の名産地になっていく。練馬の農民は、江戸の朝市に間に合わせるため、午前一時頃に収穫した大根を馬にのせ、6~7時間かけて運んだという。

続きを読む "大江戸味ごよみ 10月1日(火)練馬大根と綱吉と脚気"

| | コメント (0)

2019年9月11日 (水)

大江戸味ごよみ 9月11日(水)生姜祭

筑摩書房刊の日めくりカレンダー『大江戸味ごよみ2019』に、伝統野菜プロジェクトとして書いたコラム。9月11日(水)のテーマは「生姜祭」です。
190911_s

9月に催される芝大神宮の祭礼は「生姜祭」とも呼ばれ、浮世絵にも描かれる人気の祭。鎮座当時、まわりは生姜畑だったところから、神前に供えられ、参拝者に配られた。食べれば風邪をひかない縁起物という。祭礼の間、生姜市が立ち、境内や参道で盛んに生姜が売られていた。境内には生姜塚もある。現在は、高知県園芸連から特産の生 姜が奉納されている。

続きを読む "大江戸味ごよみ 9月11日(水)生姜祭"

| | コメント (0)

2019年9月 4日 (水)

大江戸味ごよみ 9月4日(水)早稲田みょうが

筑摩書房刊の日めくりカレンダー『大江戸味ごよみ2019』に、伝統野菜プロジェクトとして書いたコラム。9月4日(水)は、8月31日(土)に続き「早稲田みょうが」です。

190904_s

さわやかで独特の風味、美しい色合い。みょうがの薬味としての魅力は格別だ。しかし、食べると物忘れをする、といわれのない難癖をつけられている。落語「茗荷宿」は、大金を持っている客にみょうがを食べさせ、金を忘れさせようとするが、客が忘れたのは金ではなく宿の支払いだった、というお笑い。「吸口に入れる茗荷をもう忘れ」と川柳子も。

続きを読む "大江戸味ごよみ 9月4日(水)早稲田みょうが"

| | コメント (0)

2019年8月31日 (土)

大江戸味ごよみ 8月31日(土)早稲田みょうが

筑摩書房刊の日めくりカレンダー『大江戸味ごよみ2019』に、伝統野菜プロジェクトとして書いたコラム。8月31日(土)のテーマは「早稲田みょうが」です。

190831_s

江戸の頃、早稲田は「水田にあらざれば悉く是れみょうがなり」状態だったとか。時代は明治に入り、大学創立に伴って水田もみょうが畑も姿を消していく。が、どこかに生息しているはず、と江戸東京・伝統野菜研究会代表の大竹道茂氏が、早大生を中心に探検隊を組織し、2010年、ついに早稲田みょうがを発見した。現在、「江戸東京野菜」の一つとして栽培されている。

続きを読む "大江戸味ごよみ 8月31日(土)早稲田みょうが"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧