2021年3月15日 (月)

こうち食べる通信08

『こうち食べる通信08』が届きました。特集は、「~牧野富太郎博士のスピリットを受け継いだ伝統野菜~牧野野菜」。私たち【伝統野菜プロジェクト】は牧野野菜の勉強会を開いたこともあり、活動を紹介してくださいました。

8_s

続きを読む "こうち食べる通信08"

| | コメント (0)

2021年2月 4日 (木)

真室川伝承野菜図鑑~雪国を耕す

0167
ネットで紹介されていた『真室川伝承野菜図鑑』を入手したいと思い、真室川町役場に連絡してみました。数日後ポストに入っていた封筒には、『雪国の暮らし』という冊子も同封されていました。ありがとうございます。

続きを読む "真室川伝承野菜図鑑~雪国を耕す"

| | コメント (0)

2021年1月28日 (木)

SEED VOL.18 

山形在来作物研究会(以下「在作研」)の会誌「SEED VOL.18」が届きました。特集は二つ。「山形県庄内地方の焼畑の現在」と「種苗店と在来作物」です。どちらも、在作研会長、山形大学江頭宏昌教授が執筆しておられ、必読です。

2101seed_vol_18

続きを読む "SEED VOL.18 "

| | コメント (0)

2020年6月25日 (木)

伊吹大根のぬか漬け

2006119823
滋賀の伝統野菜「伊吹大根」のぬか漬けをいただきました。送ってくださったのは、野菜の学校「日本の伝統野菜・地方野菜講座」、2011年12月「滋賀の伝統野菜」の講師としてご登壇くださった長朔男先生。もちろんご自宅で漬けたものです。([野菜の学校]についてはこちらをごらんください)

11120308976

続きを読む "伊吹大根のぬか漬け"

| | コメント (0)

2020年4月30日 (木)

「さつま菜」、あらため「細尾菜」

200422_9760

「ステイホームしましょう」の日々、晴れた朝の日課となった散歩をしていると、思いがけない方からの電話着信記録に気づきました。折り返したところ「さつま菜が採れたから送るよ」とおっしゃいます。翌日届いた箱には、みごとなシイタケの大小、その下に緑色の葉がつまっていました。栃木県日光市でわずかに作られているアブラナ科の野菜「さつま菜」です。

200422_9744

続きを読む "「さつま菜」、あらため「細尾菜」"

| | コメント (0)

2020年4月21日 (火)

かわさき菅の「のらぼう」-続々

2002277304
新型コロナウイルス感染拡大のために来年に延期した、伝統野菜プロジェクト主催のセミナー「のらぼう菜と仲間たち」。そのために進めていた、事前取材のまとめです。
7274

続きを読む "かわさき菅の「のらぼう」-続々"

| | コメント (0)

2020年4月20日 (月)

かわさき菅の「のらぼう」-続

7256
かわさきのらぼうプロジェクトの清水まゆみさんにお願いして、地域特産物マイスターで菅のらぼう保存会会長の髙橋孝次さんの畑を見学しました。

続きを読む "かわさき菅の「のらぼう」-続"

| | コメント (0)

2020年4月13日 (月)

江戸東京野菜の「のらぼう菜」

1603059995

「のらぼう菜」は、東京の伝統野菜「江戸東京野菜」の一つに認定されています。江戸東京野菜を掘り起こし、再生させ、広める活動の中心になっているのは、江戸東京・伝統野菜研究会の大竹道茂代表とJA東京中央会です。

続きを読む "江戸東京野菜の「のらぼう菜」"

| | コメント (0)

2020年4月12日 (日)

のらぼう菜づくしの蕎麦御膳

7180
五日市の「のらぼう菜」圃場を二つ見学した後、あきる野市雨間にあるおそば屋さん「伊ぐ佐」で、石臼でひいた手打ちそばに、のらぼう菜を使ったお料理がセットになったランチをいただきました。メニューに名前がなかったので、勝手に「のらぼう菜づくしの蕎麦御膳」とネーミング。ごちそうさまでした。

続きを読む "のらぼう菜づくしの蕎麦御膳"

| | コメント (0)

2020年4月 7日 (火)

五日市の「のらぼう菜」

7151
あきる野市小中野の子生(こやす)神社で野良坊菜之碑を見学した後、五日市の「のらぼう菜」圃場を2か所、見せていただきました。留原地区と伊奈地区です。晩生と早生のタネ、陽当たりのよしあしで、生育状態がずいぶん違います。上の写真は五日市留原地区にある晩生の圃場。

続きを読む "五日市の「のらぼう菜」"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧