2019年1月20日 (日)

ケールのおいしさ研究会(3)

Gaba6990

野菜と文化のフォーラム主催の「ケールのおいしさ研究会」に、機能性が表示されたケールが登場しました。昨年12月に生鮮野菜の葉ものとして初めて届出が受理された、増田採種場の「ソフトケールGABA」です。

続きを読む "ケールのおいしさ研究会(3)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月18日 (金)

ケールのおいしさ研究会(2)

7012

野菜と文化のフォーラムが主催する「ケールのおいしさ研究会」。(有)コートヤード 代表取締役・食と農コンサルタントの新田美砂子さんのお話は「ケールの調理特性と美味しさを引き出すメニュー化のポイント」です。 ▲上の写真は、試食したケール料理8種。
新田さんはメニュー化のポイントとして次の3つを挙げています。
  1. 既存の野菜をケールに置き換える
  2. 既存の野菜とケールをいっしょに使う
  3. 食べやすくする(調理と食材の工夫)

続きを読む "ケールのおいしさ研究会(2)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月14日 (月)

今が旬! 海苔の美味しいお話

7_3

歌舞伎座3階で開かれた、歌舞伎座×ちくま大学「大江戸味ごよみ 江戸の食文化にひたる」に参加しました。「大江戸味ごよみ2019」に江戸野菜のコラムを担当することになったご縁です。

7_6912

続きを読む "今が旬! 海苔の美味しいお話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月19日 (金)

文化・民俗・風土からみた日本の地だいこん

伝統野菜を応援する【伝統野菜プロジェクト】が、12月に在来だいこんのセミナーを開きます。どうぞご参加ください。

_s__3

続きを読む "文化・民俗・風土からみた日本の地だいこん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月17日 (火)

ART+EATでTALk+EAT 伝統野菜はおもしろい!

Arteat_dm_a_s_2

8月下旬、馬喰町にあるギャラリー「ART+EAT」で、「伝統野菜はおもしろい!」という催しを10日間開きます。ART+EATと私たち「伝統野菜プロジェクト」の共同主催。ふだん伝統野菜と出合う機会の少ない方や、もっと知りたいという方に向けて五感を刺激する展覧会です。期間中、「見て、聞いて、食べて、知る」特別イベントを3回、計画しています。ぜひお出かけください。

続きを読む "ART+EATでTALk+EAT 伝統野菜はおもしろい!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月22日 (金)

産地見学<ゆうがお畑とかんぴょうむき>

_s_2

続きを読む "産地見学<ゆうがお畑とかんぴょうむき>"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月15日 (日)

「牧野野菜」の試食

5100_2

【伝統野菜プロジェクト】が開いたセミナー<牧野富太郎博士の贈りもの-土佐によみがえる牧野野菜>で、牧野野菜を使った料理を少しずつ試食しました。「食べて知る」ことを大切にするプロジェクト活動の、定評あるプログラムです。
すべて当日作る、生ものは使わない、という2つのルールはトラブルを防ぐために決めていることです。この制約のなかで作った試食メニュー。今回も、みなさんから好評をいただきました。

続きを読む "「牧野野菜」の試食"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「牧野野菜」の食べくらべ

「牧野野菜」は、植物学者牧野富太郎博士が生まれ育った土佐で古くから作られてきた野菜です。約50種類もあるそのコレクションを代表する野菜が「潮江菜」。
山形大学の青葉高先生は「水菜の原型」としています。(※潮江菜についてはこちらをごらんください。)そこで、「潮江菜」を、「京みず菜」、「水菜(茨城産)」と食べくらべました。

5607
▲左から「潮江菜」「水菜(茨城産)」「京みず菜」

食べくらべのための調理は以下の通りです。
  1. それぞれ熱湯にさっとくぐらせる
  2. 塩1.5%をふり、ビニール袋に入れてもんで、重石をしておく
  3. 提供時に水気を絞り、4cm長さに切る

続きを読む "「牧野野菜」の食べくらべ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月14日 (土)

「牧野野菜」のまめ-3 唐人豆

5000

植物学者牧野富太郎博士が生まれ育った土佐で、古くから作られてきた野菜のコレクション-「牧野野菜」のリストの約4割を占めるのが豆です。そのひとつ、「唐人豆」とはピーナッツのことですが、これは並外れたビッグサイズ。いま私たちが普通に食べている、明治以降に導入されたピーナッツではなく、日本に初めてやってきた豆が何百年も受けつがれてきた、貴重なものです。
【伝統野菜プロジェクト】が開いたセミナー「牧野野菜」で、生産者グループ“Team Makino”の熊澤秀治代表がご紹介くださいました。

続きを読む "「牧野野菜」のまめ-3 唐人豆"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月19日 (月)

「牧野野菜」が紡ぐ物語 ④お殿さまのねぎ

植物学者、牧野富太郎博士の名前を冠した「牧野野菜」。そのリストに載っているねぎは、「ねぎ」という名前の1種類のみです。それも根木谷(ねぎだに)山の近くで作られていたといわれ、「ねぎ」と「ねぎだに」とのあいだには何かいわれがあるのではないか、と想像をたくましくしたくなります。

▼写真はイメージ。「ねぎマニア」といわれる村田農園のねぎ畑です5049

続きを読む "「牧野野菜」が紡ぐ物語 ④お殿さまのねぎ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧