2017年6月22日 (木)

7月29日(土)は、在来きゅうりフェスタ!

いま店頭に並んでいるきゅうりのほとんどは、1960年代後半以降に普及した「白いぼ」品種です。
それは、どのように誕生したのでしょうか。そのプロセスで伝統種が果たした役割は…。きゅうりの伝来から地方品種成立までの物語を知り、現在のきゅうりから見る在来種の価値を学びます。

170729_fryer_rtcd_4

講師は、きゅうりのことならこの方以外にいない、といわれる日本の第一人者、稲山光男氏。貴重なお話を聞くことができる、またとない機会です。どうぞお見逃しなく

個性的な在来きゅうりを各地から集めます。もちろん食べくらべや、いつも大人気のお料理の試食も用意します。ぜひご参加ください。

続きを読む "7月29日(土)は、在来きゅうりフェスタ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

伝統野菜の食材としての可能性

3044

伝統野菜プロジェクトのメンバーが、中医食養学会の学術発表研究会でお話をすることになりました。この会のテーマは「大地の恵みで食養生」、私たちのタイトルは「伝統野菜の食材としての可能性」です。
6年間、[野菜の学校]のなかで学んできたことから、伝統野菜の食材としての本質的なポイントを紹介し、その調理のケーススタディを報告します。

続きを読む "伝統野菜の食材としての可能性"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 5日 (日)

松阪赤菜イブニングレセプション

8953

このブログの松阪赤菜の記事をご覧になって、OnJapan という会社からご案内をいただき、松阪赤菜イブニングレセプションに行ってみました。
 

続きを読む "松阪赤菜イブニングレセプション"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月21日 (土)

宴の野菜度 立川「DANRAN亭」

Jfj7244

  • あこがれの肉づくしJFJ新年会
  • 飲み放題6,000円
  • 野菜度:★☆☆☆☆
 
◇野菜関係者が多い(と思う)JFJ(食生活ジャーナリストの会)のなかに、異色の畜産ジャーナリストがいます。取材先もモンゴルとかタスマニアとか。すてきな写真がFacebookに載る。いつも「いいなあ」と思いながら見ます。
 
◇もっと「いいなあ」なのは、彼が仲間と食べる肉系の食事。そのシーンを見せられて、仲間に入れてほしいと思わないヒトはかなり変人。私は、昨年末、初めてごいっしょできました。「私も今度ぜひ!」というお願いが後を断たないんだと思う。ついに! JFJの新年会がお肉のお店で開かれました。公式新年会ではないけれど、かなりみんなに声がかかったと思う。若い女子中心に20人近く集まりました。
 
◇食肉卸し会社の直営店なので、おいしいお肉が格安に食べられます。それにしても、これだけ食べて、飲み放題で6000円って、すごい。韓国系の料理が出てきましたから、ここ、焼肉屋さんなのね。

続きを読む "宴の野菜度 立川「DANRAN亭」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月16日 (金)

伝統野菜のエッチング

5025

【伝統野菜プロジェクト】のメンバー領家彰子さんは、エッチングで伝統野菜をたくさん描いています。今回のグループ展でも、テーマは伝統野菜。雨に濡れた落ち葉が美しい公園の美術館に行きました。

続きを読む "伝統野菜のエッチング"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月14日 (水)

山形在来作物研究会フォーラム2016(続々)

4934

交流会は「菜ぁ」で。10月にランチを食べたお店です。お野菜とお米は、Uターンして大きなお家で、農家レストラン&宿泊を始めた、若いご主人が栽培しています。

食卓にセットされたお料理の数かず。右上は、本日のメイン料理「白山ぶたのしゃぶしゃぶ」。その下から時計回りに
  • しゃぶしゃぶのごまだれ
  • 赤かぶの甘酢づけ
  • だいこんのけんちん
  • 柿の白和え
  • ながいもゆずじょうゆ
左下の「だいこんのけんちん」は、「けんちん煮」のこと。「けんちん」は、もともと中国から伝わり、日本化した普茶料理。今は、だいこん、にんじん、ごぼう、たけのこ、きくらげ、くずした豆腐などを細切りにして油で炒めたものを、「けんちん汁」、「けんちん揚げ」、「けんちん煮」、「けんちん焼き」など、さまざまに料理します。
 

続きを読む "山形在来作物研究会フォーラム2016(続々)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月13日 (火)

山形在来作物研究会フォーラム2016(続)

4925

休憩時間に、第1部<事例報告>で紹介された在来作物の加工品を試食しました。山形大学農学部の教室の一部を空けて作った試食コーナーに、味見をしたい参加者が殺到。あとでうかがったら今回は140人もの方がいらしたそうです。ぎゅう詰めになるのも当然でしょう。
 
試食した加工品は、「おしゃべりな畑実践講座」卒業生のもの。この講座は、山形の在来作物の生産拡大、企業、地域リーダーなどの担い手の育成を目的に産・学・官の連携・協力のもとに開かれたもので、今回はなかでも「やまがた在来作物マイスター」に認定された方たちの取り組みです。

続きを読む "山形在来作物研究会フォーラム2016(続)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月12日 (月)

山形在来作物研究会フォーラム2016

2016

【伝統野菜プロジェクト】のメンバーの半数は、山形在来作物研究会の会員です。毎年開かれるフォーラムには、私たちプロジェクトのイベントと重ならない限り、参加しています。

今年は雪に驚きながら鶴岡にある山形大学農学部講堂へ。2名だけでしたが、参加した甲斐がありました。 フォーラム2016のテーマ「在来作物を売る」は、私たちにとってもいつも心にかかっている大きな課題です。たいへん興味深いお話を聞くことができ、時間が足りないと思いました。

江頭先生、御登壇のみなさま、ありがとうございました。

続きを読む "山形在来作物研究会フォーラム2016"

| | コメント (0) | トラックバック (0)