2019年1月18日 (金)

ケールのおいしさ研究会(2)

7012

野菜と文化のフォーラムが主催する「ケールのおいしさ研究会」。(有)コートヤード 代表取締役・食と農コンサルタントの新田美砂子さんのお話は「ケールの調理特性と美味しさを引き出すメニュー化のポイント」です。 ▲上の写真は、試食したケール料理8種。
新田さんはメニュー化のポイントとして次の3つを挙げています。
  1. 既存の野菜をケールに置き換える
  2. 既存の野菜とケールをいっしょに使う
  3. 食べやすくする(調理と食材の工夫)

続きを読む "ケールのおいしさ研究会(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月14日 (月)

今が旬! 海苔の美味しいお話

7_3

歌舞伎座3階で開かれた、歌舞伎座×ちくま大学「大江戸味ごよみ 江戸の食文化にひたる」に参加しました。「大江戸味ごよみ2019」に江戸野菜のコラムを担当することになったご縁です。

7_6912

続きを読む "今が旬! 海苔の美味しいお話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 5日 (土)

ランチの野菜度 日本橋「ビキニピカール」

6884

  • 新春散歩後のランチ
  • ランチコース+グラスワイン2杯
  • 4,000円くらい
  • 野菜度:★☆☆☆☆
◇運動不足のお正月、晴れたので日比谷公園(上の写真)から日本橋まで歩きました。公園の門を出ると、おまわりさんがたくさん。何だろう。地方のおまわりさんを集めた訓練かしら、と思ったら、皇居参賀の行列の警備?でした。通り(下の写真)には右翼のクルマも静かに並んでいた。

6890

続きを読む "ランチの野菜度 日本橋「ビキニピカール」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 4日 (金)

宴の野菜度 新宿「くらわんか」

4439

  • 昨年末、高校時代の友人との忘年会
  • コース+焼酎お湯割り
  • お料理5,000円
  • 野菜度は★★★☆☆
◇同い年の6人。畳に座るのは、もう苦手です。禁煙のお店がベストですが、近くに喫煙席がなければまあ、いいことにしましょうか。和食、といっても懐石のような料理ではなく、言ってみれば居酒屋料理を出すお店。さがしましたが、なかなかありません。
思い出して、新宿「くらわんか」のホームページを見てみたら、ほぼ条件に合っています。久しぶりです。前に来たのは10年くらい前かな。
◇お料理も悪くありません。リーズナブルで、広い店内は満席。こういうときに使いたくなるのが「むべなるかな」であります。

続きを読む "宴の野菜度 新宿「くらわんか」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 3日 (木)

佐賀のいちごさん

7082_2

昨年12月9日(日)に開かれたやっちゃば秋葉原2018「山東菜市」に、レポーターとして参加しました。その役得で、終わってからいただいたのが、いちご。「いちごさん」という、なじみのないネーミングの子を選びました。

続きを読む "佐賀のいちごさん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 1日 (火)

宴の野菜度 銀座 「ヤマガタサンダンデロ」

Photo

  • オイルペアリンクディナーのとなりで
  • お料理のみ12,000円 ※お酒のお代は不明
  • コース+ワインと日本酒
  • 野菜度は★☆☆☆☆
◇昨年末の食事会。レストランに野菜を納めている野菜仲間に誘われて、銀座の山形アンテナショップ2階「ヤマガタサンダンデロ」へ。↑写真は、店内に飾られていた木皿。左から「温海かぶ」「平田ねぎ」「藤沢かぶ」、みんな山形の在来作物です。
◇店内では「オイルペアリングディナー」という「食べて学ぶ」イベントが開かれていた。私たち【伝統野菜プロジェクト】は「食べて知る」だから、似てる。この「食べて知る」は[野菜の学校]のスローガンで、その前は「食べて識る」だったから、たぶん私たちの方が先。ま、どっちが先かなんてあまり意味ないけど。
◇メニューは、イベントのメニューと同じ。ということは「6種類のオイルと食材を組み合わせた」ディナー。アーモンドオイル、アプリコットシードオイル、パインナッツオイル、アルガンオイル…と「初めまして」のオイルがずらり。オリーブオイル「チェントンツェ」は「モナコ王室御用達」というありがた~いものでありました。
◇おとなりのグループは、オイルの勉強会つき食事会らしい。講師の説明を聞き、本日のオイルのテイスティング。興味津々で見ていた私たちもテイスティングセットのお裾分けにあずかりました。
▼オイルとお料理の話をする奥田政行シェフ
7112

続きを読む "宴の野菜度 銀座 「ヤマガタサンダンデロ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月28日 (金)

まるごとちっぷす

私の知らないおいしいものを、よく送ってくださる大洋水産の小野田さん。外出から帰ったら、「まるごとちっぷす」というおつまみと、この季節らしくシュトーレンが届いていました。シュトーレンは、何年か前にもいただいたシェ・サガラのもの。いつもありがとうございます。

37136

 まるごとちっぷすは「焼き小いわし」「焼きえび」「焼きあご」の3種類。とても薄く、軽く、口に入れるとサリサリ、ホロホロと崩れていきます。うま味と薄い塩味、その中から苦みも現れて、これ、お魚まるごとの味ですね。
パッケージには「こどものおやつ、ビールのおつまみに最適」と書いてあります。確かに。カルシウムも多そうだし。

32039

薄く平らに伸ばされた小魚は、とてもきれい。じっと見ていると、いのちの絵を見ているようで、ちょっとクラクラしてきます。赤い部分はえびとかにが混ざっているからでしょう。どのパッケージにも「※本製品で使用している原料は、えび・かにが混ざる漁法で採取しています。」と書いてあります。

続きを読む "まるごとちっぷす"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月10日 (月)

宴の野菜度 白金高輪 「蓮香(レンシャン)」

6992

  • おいしいものを食べる会
  • ワインふくめ7000円くらい
  • コース+デザート+ワイン
  • 野菜度は★★★★
 
◇食いしん坊の集まりが前から行きたかったお店です。なかなか予約が取れず、4回目で成功。
◇天井が高いのはいいね。もとはたぶん普通の家屋。それを骨組みだけにして、鉄骨で補強しているように見えます。
◇白金高輪駅からちょっと歩きます。でもまあ、これが交通便利なところだと、なにもかも変わってしまうのでしょう。
◇お客は、プライベートでは女性が多いのかな。大声で騒いでいる比較的若い男女のグループはビジネスの接待のようです。あたりかまわずけたたましい笑い声をあげているのは、楽しんでいることを接待側に示したいのか、まわりにデモンストレーションしているのか…。そういう状態になるヤツは昭和のオヤジだけかと思っていましたが、平成の女子も同じだ。
◇「蓮香(レンシャン)」のは、郷村菜(田舎料理)・蔬菜(野菜)。オーナーシェフは、閉店した中国少数民族料理の有名店のシェフだった方で、それがさらにマニアック(?)になったといいます。
◇「蔬菜」をうたうだけあって、野菜度は★★★★。でも、単調じゃなくて、ほかでは体験できないおいしさです。「ああ、また来たいなぁ」と思いました。

続きを読む "宴の野菜度 白金高輪 「蓮香(レンシャン)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 6日 (木)

大江戸味ごよみ2019

20197051

『大江戸味ごよみ2019』は、来年のカレンダー。文庫サイズの卓上日めくりごよみです。日めくりだから1日に1ページ、江戸の食にまつわる錦絵などの図とコラムを楽しめます。
監修は飯野亮一先生。『すし 天ぷら 蕎麦 うなぎ-江戸四大名物食の誕生』、『居酒屋の誕生-江戸の呑みだおれ文化』ほか、江戸の食文化を詳しく楽しくひもといてくださる食文化史研究家です。
 
出版元・筑摩書房のサイトには、次のように紹介されています。
  • 江戸にひたれる、文庫サイズの日めくり卓上カレンダー
  • 江戸時代の料理や食材、そして人々の食にまつわる日常を 感じてみませんか。365日分、コンパクトながらも深ーーい解説を、錦絵などとともに掲載しています。
  • 酒の肴にも、家族のだんらんの材料にも、献立の参考にもなる、読んで楽しいカレンダーです。
  • ご自宅用にはもちろん、贈り物にもおすすめです。

続きを読む "大江戸味ごよみ2019"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月19日 (金)

文化・民俗・風土からみた日本の地だいこん

伝統野菜を応援する【伝統野菜プロジェクト】が、12月に在来だいこんのセミナーを開きます。どうぞご参加ください。

_s__3

続きを読む "文化・民俗・風土からみた日本の地だいこん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧