2018年12月10日 (月)

宴の野菜度 白金高輪 「蓮香(レンシャン)」

6992

  • おいしいものを食べる会
  • ワインふくめ7000円くらい
  • コース+デザート+ワイン
  • 野菜度は★★★★
 
◇食いしん坊の集まりが前から行きたかったお店です。なかなか予約が取れず、4回目で成功。
◇天井が高いのはいいね。もとはたぶん普通の家屋。それを骨組みだけにして、鉄骨で補強しているように見えます。
◇白金高輪駅からちょっと歩きます。でもまあ、これが交通便利なところだと、なにもかも変わってしまうのでしょう。
◇お客は、プライベートでは女性が多いのかな。大声で騒いでいる比較的若い男女のグループはビジネスの接待のようです。あたりかまわずけたたましい笑い声をあげているのは、楽しんでいることを接待側に示したいのか、まわりにデモンストレーションしているのか…。そういう状態になるヤツは昭和のオヤジだけかと思っていましたが、平成の女子も同じだ。
◇「蓮香(レンシャン)」のは、郷村菜(田舎料理)・蔬菜(野菜)。オーナーシェフは、閉店した中国少数民族料理の有名店のシェフだった方で、それがさらにマニアック(?)になったといいます。
◇「蔬菜」をうたうだけあって、野菜度は★★★★。でも、単調じゃなくて、ほかでは体験できないおいしさです。「ああ、また来たいなぁ」と思いました。

続きを読む "宴の野菜度 白金高輪 「蓮香(レンシャン)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 6日 (木)

大江戸味ごよみ2019

20197051

『大江戸味ごよみ2019』は、来年のカレンダー。文庫サイズの卓上日めくりごよみです。日めくりだから1日に1ページ、江戸の食にまつわる錦絵などの図とコラムを楽しめます。
監修は飯野亮一先生。『すし 天ぷら 蕎麦 うなぎ-江戸四大名物食の誕生』、『居酒屋の誕生-江戸の呑みだおれ文化』ほか、江戸の食文化を詳しく楽しくひもといてくださる食文化史研究家です。
 
出版元・筑摩書房のサイトには、次のように紹介されています。
  • 江戸にひたれる、文庫サイズの日めくり卓上カレンダー
  • 江戸時代の料理や食材、そして人々の食にまつわる日常を 感じてみませんか。365日分、コンパクトながらも深ーーい解説を、錦絵などとともに掲載しています。
  • 酒の肴にも、家族のだんらんの材料にも、献立の参考にもなる、読んで楽しいカレンダーです。
  • ご自宅用にはもちろん、贈り物にもおすすめです。

続きを読む "大江戸味ごよみ2019"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月19日 (金)

文化・民俗・風土からみた日本の地だいこん

伝統野菜を応援する【伝統野菜プロジェクト】が、12月に在来だいこんのセミナーを開きます。どうぞご参加ください。

_s__3

続きを読む "文化・民俗・風土からみた日本の地だいこん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月17日 (火)

ART+EATでTALk+EAT 伝統野菜はおもしろい!

Arteat_dm_a_s_2

8月下旬、馬喰町にあるギャラリー「ART+EAT」で、「伝統野菜はおもしろい!」という催しを10日間開きます。ART+EATと私たち「伝統野菜プロジェクト」の共同主催。ふだん伝統野菜と出合う機会の少ない方や、もっと知りたいという方に向けて五感を刺激する展覧会です。期間中、「見て、聞いて、食べて、知る」特別イベントを3回、計画しています。ぜひお出かけください。

続きを読む "ART+EATでTALk+EAT 伝統野菜はおもしろい!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 3日 (火)

食べくらべ-3 やっぱりF1が人気

9061

今回の食べくらべに登場した固定種は、「<宮重」「美濃早生」「白首夏」の3品種です。

続きを読む "食べくらべ-3 やっぱりF1が人気"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 2日 (月)

食べくらべ-2 宮重を食べた!

8_9053

江戸時代、尾張国のだいこん「尾張大根」は全国に知られた名産品でした。いま、愛知県が認定している「あいちの伝統野菜」には「宮重」「方領」といった、ニッポンだいこん界の重鎮が名を連ねています。ふつう「尾張大根」というと、このどちらかを指すようです。

続きを読む "食べくらべ-2 宮重を食べた!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月22日 (金)

産地見学<ゆうがお畑とかんぴょうむき>

_s_2

続きを読む "産地見学<ゆうがお畑とかんぴょうむき>"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月10日 (日)

おいしい彩り野菜のつくりかた-7色で選ぶ128種

Photo

見慣れない封筒を開けてみると、すてきな本が入っていました。農文協の能勢裕子さんが送ってくださった『おいしい彩りのつくりかた-7色で選ぶ128種』。
 
7色とは、赤、オレンジ、黄色、緑、紫、黒、白。それぞれの色素成分フィトケミカルとそのはたらきをベースに、構成されています。
128種の彩り野菜は、タルディーボ、プレコーチェ、ボルゲーゼトマト、レッドオゼイユ、プンタレッラ、チーマディラーパ…など、ふつうのスーパーマーケットではほとんど見かけない名前ばかり。帯に「彩り野菜で、畑と食卓をわくわく楽しくしませんか?」とあるように、「育てる」「食べる」という野菜とのつきあい方が紹介されていて、ふだんあまりなじみのない「彩り野菜」と仲良くなる方法を知ることができます。

続きを読む "おいしい彩り野菜のつくりかた-7色で選ぶ128種"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月10日 (木)

栄養と料理6月号 特集1「野菜をもっと楽しむ!」

1806_s

『栄養と料理』は、女子栄養大学出版部から出ている月刊紙です。栄大にも栄養学にも縁のない私が親しみを感じるのは、代々の編集長を存じあげているからでしょうか。
その『栄養と料理』の最新号(2018年6月号)の特集1「野菜をもっと楽しむ!」の制作をお手伝いしました。

続きを読む "栄養と料理6月号 特集1「野菜をもっと楽しむ!」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月15日 (日)

「牧野野菜」の試食

5100_2

【伝統野菜プロジェクト】が開いたセミナー<牧野富太郎博士の贈りもの-土佐によみがえる牧野野菜>で、牧野野菜を使った料理を少しずつ試食しました。「食べて知る」ことを大切にするプロジェクト活動の、定評あるプログラムです。
すべて当日作る、生ものは使わない、という2つのルールはトラブルを防ぐために決めていることです。この制約のなかで作った試食メニュー。今回も、みなさんから好評をいただきました。

続きを読む "「牧野野菜」の試食"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧