2017年2月25日 (土)

ランチの野菜度 銀座「クルーズクルーズTHE GINZA」

8751_2

  • ながさき和華蘭(わからん)グルメフェスタで中尾順光さんと
  • お料理:フレンチのランチコース
  • お代:3,500円+ワイン代
  • 野菜度:★★★☆☆
◇長崎市にある中尾ファームの中尾順光さんは、ながさき伝統野菜の中心的な存在。栽培するだけでなく、世の中に広める努力も惜しまず、2014年2月の「野菜の学校-日本の伝統野菜・地方野菜講座」には、講師として来てくださいました。
 
◇中尾さんが「クルーズクルーズTHE GINZA」での「ながさき和華蘭グルメフェスタ」にお出ましになる、と聞いた【伝統野菜プロジェクト】メンバー。ぜひお目にかかりたい、とランチを食べに行きました。
 
◇長崎の伝統野菜を使ったコース料理です。シェフの諸星純一さんが、ランチに使っている野菜をカゴに入れて見せてくれました。

8755_2

 

続きを読む "ランチの野菜度 銀座「クルーズクルーズTHE GINZA」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月20日 (月)

ランチの野菜度 姫路「東来春(トンライシュン)」

8299

  • 「ひょうごの在来種保存会」ツアーの最後のランチ
  • いただいたのは、ラーメン+焼売+ビール
  • お代:ごちそうになりました
  • 野菜度:★☆☆☆☆
◇ひょうごの在来種保存会「農に感謝の集い」ツアー、最終日。保存会会長をリタイアされた山根成人さんご夫妻から、ランチをごちそうになりました。山根さんが「よそから来た人を必ず連れて行く」という中華料理店「東来春(トンライシュン)」です。
 
◇東来春は、1946(昭和21)年創業。昭和感いっぱいの中華料理店。名物の、煮干し+コンブの和風だしラーメンとシュウマイは「姫路市民のソウルフード」だそうです。シュウマイは、確かではありませんけれど、「春雨入り」と山根さんがおっしゃっていたような…。もちもちしていて、確かにフツーのシュウマイとは違います。
 

続きを読む "ランチの野菜度 姫路「東来春(トンライシュン)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月18日 (土)

宴の野菜度 姫路「ぽっぽ家」

8190

  • 山根成人夫妻、江頭宏昌先生との会食
  • お酒と酒肴
  • ひとりあたりいくらになったか不明
  • 野菜度:★☆☆☆☆
◇ひょうごの在来種保存会「農に感謝の集い」の山根さんご夫妻とごいっしょに、これから神戸経由で山形へお帰りになる江頭先生にお礼とお別れの夕食を楽しみました。
 
◇「ぽっぽ家」は、駅ビルに新しく開店した居酒屋です。「坊勢の魚が食える」という山根さん。天晴水産という会社が経営しているお店と聞けば、期待が高まります。社長の森さんとは旧知の仲らしく、紹介してくださいました。
 
◇魚貝はもちろん素晴らしかったし、山根さんおすすめの日本酒もおいしかった。メニューには鶏の料理もあって、江頭先生は、「僕は福岡の出身なので、これは懐かしい」とめしあがっていました。
 

続きを読む "宴の野菜度 姫路「ぽっぽ家」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月17日 (金)

のじまスコーラ

8016

ひょうごの在来種保存会の「農に感謝の集い」が開かれた翌日は、会の代表をリタイアした山根成人さんにご案内いただき、山形大学農学部教授の江頭宏昌先生とごいっしょに淡路島へ行きました。
江頭先生が、淡路島に関心を持たれた理由は、たぶん二つあります一つは、幻のかんきつ「ナルトみかん」またの名「鳴門オレンジ」。もう一つは、鶴岡市にあるイタリアンレストラン「アル・ケッチャーノ」の奥田政行シェフがプロジュースしたレストランでのランチ。そういうことなら、と喜び勇んで(もったいないことに江頭先生の運転で)、到着すると、そこは閉校になった小学校でした。
 

続きを読む "のじまスコーラ"

| | コメント (0)

2017年2月10日 (金)

宴の野菜度 江戸野菜とそばの会

7803

  • 麻布十番「総本家更級堀井」
  • 更科蕎麦と江戸野菜を味わう冬の会
  • 会費5500円+お酒(キャッシュオンデリバリー)
  • 野菜度:★★★
 
◇恒例(かな?)の更科蕎麦と江戸東京野菜を味わう会。主催は江戸ソバリエ協会と江戸東京野菜コンシェルジュ協会です。
 
◇18時スタートなのに、何を勘違いしたか、家を18時過ぎに出て「ちょうどいい時間に着く」と、安心して電車に乗っていた!! 事務局の方からのお電話で判明し、焦って行ったら、ご挨拶やお料理の説明が終わり、お料理が出るところに到着。「ちょうどいいときに来たよ」と言われた。確かに。でもお話、聞きたかったな。
 

続きを読む "宴の野菜度 江戸野菜とそばの会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 6日 (月)

ランチの野菜度 佐野市仙波町「耳うどん」

7598

  • 「かき菜」応援の打ち合わせ
  • 耳うどん500円+てんぷら
  • 野菜度:★★☆☆☆
◇【伝統野菜プロジェクト】は伝統野菜を応援する活動です。[野菜の学校]のような勉強会も開きますが、産地を見学したり、応援にも出かけます。3月初めに栃木県佐野へかき菜の応援に行くことになり、その打合せに佐野へ。声をかけてくださったのは、[野菜の学校]でいっしょに勉強した大谷晴美さんです。栃木がテーマのときには講師をお願いしました。
 
◇どこかへ出かけるとき、ごはんは大問題です。前にかき菜の取材に佐野へ行ったときは、佐野ラーメンを食べました。「おいしかったから、またラーメン」という意見がある一方、「今回は違うものを…」という希望も出て、ランチひとつ決めるのにたいへんな騒ぎ。結局、大谷さんのおすすめの中から、「耳うどん」にしました。
 
◇大谷さんが連れて行ってくれたのは、「佐野市農林漁家高齢者センター」。佐野市仙波町というところにあり、佐野駅からクルマで40分以上かかりました。「佐野駅の近くにテレビで知られるようになったお店がありますが、耳うどんはもともと佐野の料理ではなく、合併で佐野市に入った旧葛生町仙波の郷土料理。お正月に食べるんです」とのこと。なるほど本場で食べようというわけですね。
 
◇この辺は、水田の裏作に麦を作る二期作農業なのだそうです。昔は大麦が多かったけれど、いま麦の栽培は減っていて、なかでも大麦は少なくなった、と大谷さん。「耳うどん」はそんな土地で「魔除け」になる、とお正月に食べられてきました。なぜ魔除けかというと、耳を食べてしまえば悪口が聞こえないので隣近所とのおつきあいがうまくいく、という言い伝えがあるとのことです。
 

続きを読む "ランチの野菜度 佐野市仙波町「耳うどん」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 4日 (土)

宴の野菜度 目白「トレガッティ」

Mc56101415000

  • 旧正月の新年会
  • 8000円くらい(お料理+食前ビール+ワイン2本)
  • 野菜度:★★★☆☆
 
◇昨年末からなかなか日程が合わない4人。忘年会が、旧正月の新年会になりました。
 
◇北イタリアのお料理なのでお肉が多いと聞き、「うーん…、お肉ばかり食べられるかな」と思っていましたが、意外に野菜もたくさん使われていて満足。ワインもおいしかった。
 

続きを読む "宴の野菜度 目白「トレガッティ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月31日 (火)

ランチの野菜度 西荻窪「りげんどう(Re:gendo)」

7419

  • 新しい知人のお店に行ってみよう
  • ランチ「にぎり膳」+コーヒー=1,750円
  • 野菜度:★★★★☆
◇昨年末開かれた、奥田政行シェフの出版記念パーティーで同席した方が、西荻窪にお店を出している、と聞いて、ランチに行ってみることにしました。
 
◇駅から近く、マンションが建っていますが、古い住宅も残っていて、表通りには昔ながらの飲み屋があったり、洒落たお店も混在している、そんなところ。路地をの奥に建つ民家をリノベーションしたお店です。暖房はストーブです。どの椅子の背にもケットがかけてあって、それぞれに座布団のように敷いたり、膝にかけたり。木造の日本家屋の寒さを思い出しました。
 

7432

◇ランチメニューは「おむすび膳」と「にぎり膳」の2つ、いずれも1,500円です。この2つの違いはメインディッシュで、「おむすび膳」のメインは「お豆入り大山鶏と冬野菜の和風ポトフ」、「にぎり膳」のメインは「季節の野菜寿司5貫」。このほかのお皿や小鉢などにのっているお料理は共通です。
 
◇ランチのお客は女性ばかり。このメニューは確かに女性狙いです。夜もそうかもしれない。
 

続きを読む "ランチの野菜度 西荻窪「りげんどう(Re:gendo)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月27日 (金)

宴の野菜度 銀座「サンダンデロ」

Photo_2

  • 八百屋塾3月修了式の記念講演依頼
  • 8000円(不足分は奇特な方のお財布から)
  • 野菜度:★★☆☆☆
 
◇山形県鶴岡にあるイタリアンレストラン「アル・ケッチャーノ」の奥田政行シェフに、3月の八百屋塾の講演をお願いしました。まず、本を読んで予習してから、銀座の山形アンテナショップ2階「サンダンデロ」で打合せ。参加希望者が会場の定員を超えそうだ。ちょっとコワイ予感がします。
 
◇仕切りの向こうは賑やかなパーティーのようす。奥田シェフはミーティングの間も、電話を受けたり、スタッフに指示したり、挨拶したり…。よくいつもニコニコしていられるなぁ。
 
◇お料理は、合間をぬってサーブされました。詳しい説明もありましたが、今回の趣旨は打合せですから、メモはかなりアバウト。
 

続きを読む "宴の野菜度 銀座「サンダンデロ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月14日 (土)

宴の野菜度 四谷二丁目「おかげさん」

6325

  • 寒くなったのでおでんを食べよう
  • お酒を入れて9,000円くらい
  • 野菜度:★☆☆☆☆
◇前回来たのは暑い季節。そのときもおでんの鍋がかかっていて、「一度食べてみたい。寒くなったら来よう」と決めました。
 
◇黒板に書いてあるお料理が次々に出てきます。おつまみコースのような感じです。追加のリクエストメニューは、おだしをたっぷり吸った「おでん」。
 
◇お酒はまったく飲めない、だけど酒肴は大好き、という人といっしょです。彼女、お茶を飲みながら食べました。で、このお店がとても気に入ったみたい。
 

6335_2

続きを読む "宴の野菜度 四谷二丁目「おかげさん」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧